『Halo Infinite』マルチプレイヤーベータ版が本日より提供開始。製品版へのプレイデータ引き継ぎにも対応

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

11月16日、MicrosoftはXboxの20周年を記念した特別番組 「Xbox Anniversary Celebration」 を配信。同イベントのなかで、『Halo Infinite』のマルチプレイヤーベータ版を本日より提供開始すると発表した。

『Halo Infinite』は2021年12月8日に発売予定のシューティング作。キャンペーンとマルチプレイが用意されており、発売に先駆けてマルチプレイのベータ版の提供が本日より開始されることがサプライズ発表された。

シーズン1のベータマルチが提供され、Xbox Series X|S、Xbox One、PCにてプレイ可能だ。全マップやコア、アカデミー、フルバトルパスも利用可能。ゲームの進捗は製品版に引き継ぐことができるという。

なお、キャンペーンは2021年12月8日(太平洋時間)から提供開始される予定だ。

また、今回の20周年を記念した特別番組では、Xbox Series X|S、Xbox Oneの後方互換性の拡大が発表された。XboxとXbox 360の70タイトルが新たにプレイできるようになり、対応タイトルのディスク版あるいはデジタル版を所有するユーザーはこれらの作品をXbox Series X|S、Xbox Oneにてプレイ可能に。

Microsoftによると、『Max Payne』シリーズ、『F.E.A.R.』シリーズ、『デッド オア アライブ アルティメット』『Star Wars: Jedi Knight II』『Star Wars: Starfighter』『O・TO・GI‐御伽‐』などがプレイできるようになっているとのことだ。

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Microsoft、Series X ロゴ、Series S ロゴ、Series X|S ロゴ、Xbox One、Xbox Series X、Xbox Series S、Xbox Series X|S は Microsoft グループ企業の商標です。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。