PC版『Halo 4』配信開始。『Halo: The Master Chief Collection』のXbox Series X|S向け最適化も実施

11月17日、MicrosoftはPC版『Halo 4』の配信を開始した。PC版『Halo: The Master Chief Collection』を持っている方は追加費用なしでプレイできるほか、Microsoft StoreSteamで単体でも購入することが可能だ。

PC版『Halo 4』が配信開始

2012年にXbox 360向けに発売した『Halo 4』は、『Halo 3』の続編にあたる作品で、シリーズ本編で初めて343 industriesが開発を手がけた。キャッチコピーは 「An Ancient Evil Awakens (いにしえの悪が目覚める)」 。

PC版『Halo 4』は4K/60fps以上でプレイすることができるほか、マウスのカスタマイズやウルトラワイドへの対応、FOVカスタマイズなども設定可能になるなど、PCでのプレイに最適化されているのが特徴だ。

キャンペーン本編はもちろん、本編では語られなかったストーリーを楽しむことができる協力ミッション 「Spartan Ops: UNSC Infinity」 や、マルチプレイヤーモードもプレイすることが可能だ。

PC版『Halo 4』は1,150円(税込)で単体購入可能。もし他の 「Halo」 シリーズもプレイしたいのであれば、『Halo: Reach』『Halo: Combat Evolved Anniversary』『Halo 2: Anniversary』『Halo 3』『Halo 3: ODST』が含まれるPC版『Halo: The Master Chief Collection (4,212円/税込)』の購入をオススメする。

ちなみに、PC版『Halo 4』の配信と同時に、コンソール版『Halo: The Master Chief Collection』のXbox Series X|S向け最適化も実施されている。次世代機をお持ちの方はこちらもチェックしていただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。