ソフトバンク、「ハリー・ポッター:魔法同盟」 国内最初の公式パートナーに。全国3,300のソフトバンク・ワイモバイルショップが宿屋または砦として登場

7月2日、スマホ向け新作アプリ 「ハリー・ポッター:魔法同盟」 の日本国内での配信が開始されているが、同作の国内初公式パートナーとしてソフトバンクが契約締結したことを発表した。

この契約により、全国約3,300のソフトバンクショップ・ワイモバイルショップが、7月2日からゲームアプリ内で 「宿屋」 または 「砦」 として登場する。「宿屋」 はプレイヤーが魔法を使うために必要な呪文エネルギーを回復する場所で、「砦」 は他プレイヤーと協力して闇の魔法使いたちとバトルする場所。ポケモンGOのポケストップやジムのような存在だ。

「宿屋」 または 「砦」 となっているソフトバンクショップ・ワイモバイルショップはこちらから確認可能だ。

また今回の契約締結に伴い、ソフトバンクとワイモバイルのユーザー限定特典や、コラボキャンペーンやサービスの提供などを検討しているとのこと。

ソフトバンクとワイモバイルユーザーは、他のキャリアを利用しているユーザーよりも有利にゲームを進められる可能性がある。詳細については今後のアナウンスを楽しみに待とう。

関連記事
「ハリー・ポッター:魔法同盟」 、日本国内でサービス開始
「ハリー・ポッター:魔法同盟」 のバッテリー消費を抑える方法 「バッテリー節約」 機能の活用を

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。