PFU、「Happy Hacking Keyboard (HHKB)」 シリーズ刷新。BluetoothとUSB-C接続をサポート

12月10日、PFUは 「Happy Hacking Keyboard (HHKB)」 シリーズの最新モデルを発表した。価格は23,000円(税別)から、本日から注文受付が開始されている。

HHKBシリーズの新型モデルが発売

「Happy Hacking Keyboard (HHKB)」 は、株式会社PFUが販売するパソコン用コンパクトキーボード。使いやすさ、コンパクトさ、そして見た目の良さなどに高いこだわりを持って作られており、それは今回発表された新型モデルにも引き継がれている。

今回発表されたのは、「HHKB Professional HYBRID Type-S」 「HHKB Professional HYBRID」 「HHKB Professional Classic」 の3モデル。

このうち、上位2機種(HHKB Professional HYBRID Type-S、HHKB Professional HYBRID)についてはBluetooth&USB接続の両方に対応した。静音モデルであるType-SがBluetoothへの対応は期待していたユーザーも多いことだろう。

さらに、複数のOS (Windows・macOS・iOS・iPadOS・Android) をサポートするだけでなく、マルチペアリングにも対応。最大4台まで接続先を記憶させることが可能。ペアリング先は、用意されたショートカットキーを押すだけで簡単に切り替えられる。

また、キーマッピングをキーボード全般でできる様になった(Windowsのみ)。ただし、変更したキーマッピングの設定内容はキーボード側に保存されるため他のOSでも同じ設定で利用することが可能だ。

下位モデル (HHKB Professional Classic) はUSB接続のみに対応、時代に合わせてUSB-Cコネクタをサポートした。ちなみに、USB-Cは上位モデルも同様にサポートしている。

配列は 「HHKB Professional HYBRID Type-S」 「HHKB Professional HYBRID」 が英語・英語無刻印・日本語の3種類。「HHKB Professional Classic」 は英語・英語無刻印が用意されている。

価格はそれぞれ32,000円、27,500円、23,000円(いずれも税別)。PFUダイレクトで本日から販売されている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。