ハイエンドなMacBook Airが2021年後半〜2022年に登場か。狭ベゼルデザイン、MagSafe復活へ

AppleはM1チップを搭載した新型MacBook Airを昨年発売したばかりだが、今年後半あるいは来年にさらに大きな変化を伴う新型MacBook Airを用意している可能性があることがわかった。

現地時間22日、米メディアBloombergの著名記者Mark Gurman氏は、次期MacBook Airに関する情報をレポートした。

ハイエンドMacBook Airが2021年後半〜2022年に登場か

Mark Gurman氏によると、次期MacBook Airにはハイエンドなモデルが用意されているという。現行MacBook Airよりもさらに薄く、軽いデザインになるとのこと。画面は13インチサイズを継続する予定だが、画面の周りのベゼルは狭くなり、よりコンパクトなデザインになる。

M1チップを超える性能を持つApple Siliconを搭載し、性能も強化される予定だ。

また、次期MacBook Proで復活が予想されているマグネット式充電機構 「MagSafe」 がMacBook Airにも導入される見通し。MacBook ProのMagSafeコネクタは従来のものと似ているとされていることから、MacBook Airに搭載予定のMagSafeコネクタも同様のものになる可能性が高い。

Mark Gurman氏が伝えるところによると、MacBook Airは将来的にエントリーモデルとハイエンドモデルの2種類がラインナップされる予定だ。ハイエンドモデルは今回伝えられた新型モデル。エントリーモデルはM1チップ搭載モデル、つまり現在販売されているモデルが継続販売されることになる。

ちなみに、Apple社内の中では15インチモデルを新設する構想もあったようだが、Appleはこの計画を進めてはおらず、少なくともこれが次期モデルに投入される予定はないようだ。

関連記事
次期MacBook ProはMagSafe復活、Touch Barが廃止。フラットエッジ・デザイン採用へ~高い情報精度を誇るアナリスト報告
MacBook Pro M1 レビュー | 私のMac、速すぎ…!熱くならないしサクサク動く不思議なMac。その実力を徹底検証
MacBook Air レビュー (M1, 2020) 高性能M1チップ搭載でAirがProを超える。バッテリー持ち大幅向上で1日いっぱい使えるように

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。