北陸新幹線の無料Wi-Fi、7月8日からサービス開始

7月6日、JR東日本JR西日本北陸新幹線車内において、公衆無線LANサービスの提供を、7月8日から開始することを発表した。

サービスを提供する車両は、北陸新幹線「E7」系および「W7」系。2018年7月8日(日)から順次サービス開始予定で、利用可能な車両には、車内に専用ステッカーが貼り付けられているという。

提供されるWi-FiのSSIDは、「E7」系が「JR-EAST FREE Wi-Fi」、「W7」系が「JR-WEST FREE Wi-Fi」。利用するにはメールアドレスを登録する必要があるが、「W7」系ではSNSアカウントの登録でも利用することができるようになっている。利用手順は以下の画像の通りだ。

↑画像クリックで拡大

同サービスは主に訪日外国人のユーザーに向けたものだが、日本人を含めどのユーザーでも利用可能。また、大規模災害時には認証登録なしで開放されるとのことなので、緊急時にも役立ってくれそうだ。

ちなみに、新幹線の公衆無線LANサービスは山形新幹線「E3」系や東北・秋田新幹線の「E5」「E6」系でもサービスの導入が進んでおり、これら全ての編成に導入が完了するのは、2019年度になる見通しだ。さらに上越新幹線「E7」系に関しては、2018年度から2020年度に行われる新車両の投入に合わせてサービスが開始される予定となっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。