HomePod用ファームウェアアップデート「HomePod 11.4」リリース ステレオペア機能やマルチルームオーディオ機能が利用可能に

5月30日、Appleはスマートスピーカー「HomePod」向けにファームウェアアップデート「HomePod 11.4」の配信を開始している。ビルドナンバーは「15F80」となっている。

「HomePod 11.4」は、「AirPlay 2」や「ステレオペアリング機能」など複数の新機能が追加されている。特にオーディオ関係の機能が強化されており、どれも音質にこだわった「HomePod」を満喫するには最適な機能ばかりだ。

リリースノートは以下の通り。

iOS 11.4には、複数の部屋でオーディオ再生ができるAirPlay 2、およびHomePodのステレオペア対応が含まれています。

  • 2台のHomePodを同じ部屋に置いて、ステレオペアの作成が可能
  • ペアリングされたHomePodはそれぞれ設置された場所を自動的に検知し、サウンドを調整
  • 先進のビームフォーミング機能により、既存のステレオペアよりもさらに臨場感のある音響ステージを提供
  • AirPlay 2を使用して、同じ曲をすべての部屋で、または別々の曲をそれぞれの部屋で、複数のHomePodおよびAirPlay 2に対応したスピーカーで再生が可能
  • スケジュールの作成、キャンセルなど、”カレンダー”のイベントにいつでもアクセスが可能(アメリカ、イギリス、オーストラリアで対応)

「HomePod」のアップデートは、iPhoneの「ホーム」アプリから行うことができる。具体的には「HomePod」の項目を長押しすることで、HomePodの詳細設定に移行することができ、そこにファームウェアアップデートが表示される仕組みなっている。

アップデート自体は時間がかからないため、HomePodをお持ちの方はぜひアップデートを。

▶︎ 各種iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。