HomePodのステレオペアは同世代間でのみ可能。初代モデルと第2世代モデルではステレオペア不可

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Appleが現地時間18日に発表した新型HomePod(第2世代)は、2台揃えることでステレオペアを組むことが可能だが、初代HomePodと組み合わせてステレオペアを組むことは残念ながらできない。

これはHomePod(第2世代)の製品ページ内で記載されている内容で、HomePodおよびHomePod miniは同じ世代の同一製品間でのみステレオペアを組むことが可能であるとのこと。

つまり、初代HomePodは初代HomePodとだけ、HomePod miniはHomePod miniとだけ、HomePod(第2世代)はHomePod(第2世代)とだけステレオペアリングが可能となり、これ以外の組み合わせでステレオペアを組むことはできない。

ステレオペアは、2台のHomePodにそれぞれL/Rチャンネルを割り当てることでステレオオーディオ環境を構築できる機能。HomePodの内蔵マイクでそれぞれの音と互いの音を拾い分析することで、歪みのない臨場感あふれるサウンドを実現することが可能になる。また、ステレオペア中は、1台のHomePodのみにSiriリクエスト、アラーム、スピーカーフォンをあてがうことが可能だ。

なお、ステレオペアではなく複数の部屋にHomePodを配置して同時に音楽を再生するマルチルームオーディオについては、異なる世代間でも利用することが可能だ。

関連記事
HomePod(第2世代)が発表、本日より予約開始。価格は44,800円(税込)
HomePod miniが温度・湿度の計測に対応。長時間、大音量で再生する場合には精度低下する場合も

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。