HomePod、Apple TVと連携したホームシアター構築可能に。空間オーディオにも対応

優れた音質を持つHomePodが、Apple TVのホームシアタースピーカーとして活用できるようになりそうだ。

The LoopのJim Dalrymple氏や米メディアMacRumorsによると、今後HomePodにはApple TVと連携してホームシアター環境を構築する機能が実装予定であるとのこと。

HomePodとApple TV 4Kとの連携で空間オーディオに対応したホームシアター環境が構築可能に

MacRumorsによれば、同機能はHomePodの最新のベータ版ソフトウェアから発見されたという。Apple TVのデフォルトのホームシアタースピーカーとしてHomePodが設定できるようになるというものだ。

Jim Dalrymple氏からの情報では、4K出力に対応したApple TV 4Kと1台もしくは2台のHomePodを連携することで、5.1サラウンドや7.1サラウンド、Dolby Atmosなどの空間オーディオに対応した没入感のあるホームシアター環境を構築できるという。

ただし、空間オーディオに対応できるのはHomePodのみとなっていて、HomePod miniでは利用できないとのこと。もしApple TV 4Kで映画を楽しむ機会が多いなら、少し予算は高くなるがHomePod miniではなくHomePodを購入することをオススメする。

ちなみに、HomePod miniに関してはHomePodとのステレオペアリングは利用できないことが判明している。ステレオペアリングを利用したい場合はHomePod同士、もしくはHomePod mini同士で組み合わせる必要がある点に注意だ。

関連記事
HomePod、Apple Musicの好きな曲をアラームに設定できるように
Apple、小型スマートスピーカー 「HomePod mini」 正式発表。価格は99ドル。発売は11月16日、予約開始は11月6日
HomePod レビュー | スマートスピーカーとしての実力を徹底検証~真髄は音質にあり

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。