Appleのスマートスピーカー「HomePod」が今年2月に日本の技適を取得 発売は意外と近い?

Appleのスマートスピーカー「HomePod」は、近いうちに日本で発売されることになるかもしれない。

国内メディアS-MAXによると、総務省が公開している「技術基準適合証明等の公示」内で、「HomePod」が電波法令で定めている技術基準に適合していることを証明する「技適」を2月に取得していたことが明らかになった。

今年2月時点で「HomePod」が技適を取得していたことが判明

技適の取得を請け負っているディーエスピーリサーチの2018年2月前半の資料を見ると、2月6日付で型番「A1639」の電波法に基づく技術基準適合証明における工事設計認証を取得している。この型番は「HomePod」のものであり、Appleは2月時点で「HomePod」の技適を取得していたことになる。

技適を取得したからといって、すぐに「HomePod」が日本で発売されるとは限らないが、わざわざ必要のない技適をAppleが費用をかけて取る意味もない。日本で「HomePod」が発売する可能性が高まったと言っても過言ではないだろう。

「HomePod」は現在、米・英・豪の3カ国のみで発売されており、今春ではフランスとドイツでの発売も予定されている。日本での発売は来年以降になるのではないかという情報もあるが、技適が取得されているのであれば、もっと早くに発売される可能性も。

「HomePod」の購入を検討している人はAppleからのアナウンスを楽しみに待とう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。