HomePod向けファームウェア、「iOS 13.3」 にアップデート 不具合修正とマルチユーザー機能の改良

現地時間12月10日、AppleはiPhone向けに最新アップデート 「iOS 13.3」 を配信したが、同OSと同時にHomePod向けファームウェアにも最新アップデート 「iOS 13.3」 を配信した。

HomePod向けに配信された 「iOS 13.3」 では、いくつかの不具合の解消や先日追加されたマルチユーザー機能の改善が行われている。

まずはマルチユーザー機能については家族の声の認識精度が改善されており、各ユーザーのパーソナルリクエストのオン・オフが選べるように。そして不具合解消については、通話後にステレオペアリングがうまく機能しない問題が解消されている。

HomePod用のファームウェアアップデートは、iPhoneに最新の 「iOS 13.3」 をインストールしたのちに、Homeアプリからアップデートが可能。とはいえ、HomePodは自動で最新ファームウェアにアップデートされる仕組みになっているため、急ぎでない場合は特にユーザーの手でアップデートする必要はない。

関連記事
HomePodのソフトウェアをアップデートする方法

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。