HomePodのマルチルームオーディオ機能、2018年後半の無料アップデートで実装へ

本日、Appleは同社初のスマートスピーカー「HomePod」を2月9日に発売することを発表。

今週金曜日に予約受付を開始する予定であることも明らかになっているが、同デバイスの主要機能の一つ、「マルチルームオーディオ」機能は発売時点では実装されておらず、Appleは2018年後半に実施される無料アップデートで同機能を実装する予定であることを明かしている。

マルチルームオーディオ機能は2018年後半のアップデートで実装へ

この「マルチルームオーディオ」は、複数のHomePodを持っている場合、ネットワークに繋がっているすべてのHomePodで同じ音楽を同時に再生することができる便利な機能。「WWDC 2017」で発表されていた「AirPlay 2」と呼ばれるものだ。

搭載されている人工音声アシスタント「Siri」にお願いすることで、どのHomePodで音楽を再生するかを選択できるようになっており、例えばダイニングルームのみで流すことも、家全体で流すことも可能。

また、複数のHomePodを同じ部屋に置いておくことで、二つのスピーカーでステレオ再生することもできるとのこと。さらに没入感のあるサウンド体験を実現する。

 

しかし、これらの期待されていた機能は、2018年後半に実施されるアップデートで追加される予定となっており、それまでの間は利用することができないという。

「HomePod」は定額制音楽配信サービス「Apple Music」から自由に音楽を流すことが可能。もちろん、iPhoneを経由して音楽を再生することが可能で、ペアリングはiPhoneを「HomePod」に近づけるだけで完了するとのことだ。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。