HomePodが販売終了。今年3月に 「在庫限りの販売終了」 が宣告

今年3月に 「在庫限りで販売終了」 と宣告され、6月に海外で実際に販売が終了していたHomePod(2018)が、ついに日本でも購入できなくなった。

10月19日、Appleは新製品発表イベント 「Unleashed.」 を開催するとともに、同社公式サイトを更新。HomePod(2018)の販売ページを削除、購入できなくなっていることが確認できた。

「HomePod (2018)」 日本でもついに購入不可に

AppleがHomePodを発売したのは2018年2月。Siriが内蔵されており、声だけで操作することができたが、天面にはタッチセンサーが搭載されていて、指である程度の操作をすることも可能だった。日本では他の主要国に遅れる形で2019年8月に発売している。

レビューでも書いたとおり、HomePodの音は他社スマートスピーカーにくらべてクオリティが高く、多くのユーザーから高い評価を得ていた。しかし、36,080円(税込)という価格がネックとなり、販売台数が伸び悩んでいた。前述したとおり今年3月に 「在庫限りで販売終了」 とアナウンスされていたが、あれから約半年経った今日、ついに購入できなくなった形。

ちなみにHomePod miniは今後も継続販売予定。3つの新色モデルが11月に追加販売される予定となっている。

関連記事
HomePod miniにオレンジ、イエロー、ブルーモデルが追加。発売は11月
HomePod mini レビュー | ソフトボールサイズなのに信じられないほど良質な音。自宅の音楽環境を手軽アップグレード

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。