HomePod、ファームウェアがベータ版の状態で出荷されていることが判明 すぐにアップデートが配信か

現地時間2月9日、Apple初のスマートスピーカー「HomePod」の販売が開始されたが、同製品はベータ版のファームウェアが搭載されている状態で出荷されていることが判明した。9to5Macが伝えている。

「HomePod」にはiOSをカスタマイズしたファームウェアが搭載されていることがすでに判明しているが、「HomePod」を入手したユーザーが確認したところ、出荷時点でのファームウェアのバージョンは「iOS 11.2.5」、ビルドナンバーは「15D59」となっていたという。

この「15D59」は「iOS 11.2.5 beta 7」と同じ日にリリースされた「HomePod」のファームウェアのビルドナンバーと一致。おそらく、今後すぐに正式版がリリースされることになるものと考えられる。

ちなみに、「HomePod」のファームウェアに関して、ベータ版やパブリックベータ版がリリースされるかどうかは不明だ。

「HomePod」は、まずは米・英・豪の3カ国で発売し、今春にはフランスやドイツでの発売が発表されている。日本での発売に関しては現時点では未定となっている。

▶︎ iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。