HomePod、質問への正答率は52%と低め AlexaやGoogleアシスタントよりも劣るという結果に

2月9日、ついにAppleのスマートスピーカー「HomePod」が発売し、多くのユーザーから動画レビューなどが公開されている。

それらのレビューによると、HomePodのスマートスピーカーとしての性能はイマイチであるとの意見が多いが、Loup VenturesHomePodの質問への正答率を実験で明らかにしているのでご紹介しよう。

HomePodの質問への正答率は競合他社よりも低め

Loup Venturesは、HomePodの聞き取り能力や返答能力を確かめるべく、782個もの質問をHomePodに問いかけた。このうち、99.4%の質問をHomePodは聞き取ることができたとのことだが、正答率はわずか52.3%に留まったと報告している。

この結果を他のスマートスピーカーの正答率と比較すると、Googleアシスタントが81%、Alexaが64%、Cortanaが57%であることから、実質HomePodの正答率が一番低いという結果となった。

ただし、Loup Venturesが行なった質問の一部には、HomePodでサポートされていない操作(ナビゲーションや電子メール、電話など)が含まれていたという。これらの質問を削除して計算したところ、HomePodの正答率は67%になり、AlexaやCortanaよりは高いという結果となった。

今回の実験結果を踏まえると、HomePodは”できることが少ないスマートスピーカー”であるのは事実のようだ。そういう意味では海外のレビュワーからの評価は正しいものであるとも言える。

ただし、HomePodが答えられる質問に限定した際の正答率は高い。このことから、HomePodの性能に関しては悲観する必要はない、と筆者は個人的には感じている。今後、ソフトウェアアップデートで「Siri」自体の性能が向上することによって、「HomePod」の価値が高まることを期待したい。

▶︎ 各種iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。