「HomePod ソフトウェアバージョン 15」 配信開始。環境にあわせてSiriの音声が自動調節されるように、Apple TV 4Kのデフォルトスピーカーとして活用可能

9月21日、AppleはHomePodおよびHomePod mini向けに最新ファームウェアアップデート 「ソフトウェアバージョン 15」 の配信を開始した。

「ソフトウェアバージョン 15」 では、HomePodに複数の新機能を搭載するほか、バグの修正および安定性の改善が行われている。

HomePodソフトウェアバージョン15 リリースノート

ソフトウェアバージョン15では、HomePodの新機能に対応しました。このアップデートには、バグ修正と安定性の改善も含まれます。

  • Apple TV 4Kのデフォルトスピーカーとして1台またはペアのHomePod miniを選択することで、部屋中に広がる豊かなサウンドとクリアな音声を再生
  • ミュージックを再生しているHomePod miniが近くにある場合、iPhoneのロック画面にメディア再生コントロールを自動表示
  • 近隣の人に迷惑をかけずミュージックを楽しむために、低音を減らす設定が可能
  • Siriに頼んで、Apple TVの電源をオンにしたり、お気に入りの映画を再生したり、視聴中に再生をコントロールしたりすることが可能
  • 部屋の環境やユーザの音量に基づいて、Siriの声の音量を自動的に調整
  • Siriに頼んで、10分後に照明を消すなど、特定の時間にスマートホームデバイスをコントロール可能
  • 互換性のあるHomeKitアクセサリでSiriの音声コントロールを有効することで、HomePodへのアクセスを家中に広げることが可能
  • HomeKitセキュアビデオによる荷物の検知に対応

HomePodは自動で最新ファームウェアにアップデートされる仕組みになっているため、急ぎでない場合は特にユーザーの手でアップデートする必要はないものの、Homeアプリを開くとすぐにアップデートすることが可能だ。いち早く最新ファームウェアを利用したい場合はHomeアプリからアップデートを。

関連記事
HomePodのソフトウェアをアップデートする方法
HomePod mini レビュー | ソフトボールサイズなのに信じられないほど良質な音。自宅の音楽環境を手軽アップグレード
HomePod レビュー | スマートスピーカーとしての実力を徹底検証~真髄は音質にあり

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。