HomePod、Apple Musicのストリーミング制限にはカウントされないことが判明

9日、Appleはスマートスピーカー「HomePod」の販売を開始。入手できた多くのユーザーからは、HomePodの仕様に関する最新情報が次々と報告されている。

その中で、「HomePod」の音楽ストリーミングに関する重要な仕様が判明した。HomePodでの音楽ストリーミングは、Apple Musicのストリーミング制限にカウントされないとのことだ。

HomePodでの音楽ストリーミングはApple Musicのストリーミング制限にカウントされない

通常、Apple Musicはファミリープランを契約していない限り、1台のデバイスでしか音楽ストリーミングを楽しむことができないため、2台目のデバイスで音楽を流そうとすると警告が表示される。

しかし、HomePodに限り、この制限にはカウントされないため、iPhoneやMacなどで音楽を流している状態でHomePodで音楽を流そうとしても、警告が表示されることはないという。さらに、HomePodはiTunesの10台の関連付けデバイス制限にもカウントされないことも判明している。

applemusic

また、The LoopのJim Dalrymple氏によると、HomePodではApple Musicの「For You」機能を設定で無効化することができるようになっている。

これは、自分以外のユーザーが音楽を聞いた際に「For You」機能による音楽提案のアルゴリズムが崩壊してしまうことを防ぐためなのだとか。HomePodは自分以外のユーザーが使うことも多いため、この点の配慮はユーザーにとってかなり重要だ。

設定を変更したい場合は、Homeアプリの「HomePod」セクションでトグルをオフにするだけとのことなので、もしこの点が気になっていたユーザーは安心していただければと思う。

「HomePod」は、まずは米・英・豪の3カ国で発売し、今春にはフランスやドイツでの発売が発表されている。日本での発売に関しては現時点では未定となっている。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。