「HomePod ソフトウェアバージョン 14.1」 が配信開始。HomePod miniのサポートやインターコム機能に対応

現地時間10月20日、AppleはHomePod向けファームウェアに最新アップデート 「ソフトウェアバージョン 14.1」 を配信した。

「ソフトウェアバージョン 14.1」 では、「HomePod mini」 のサポートが追加されたほか、新しいSiriや先日の新製品発表イベントで発表されていた 「インターコム」 の機能に対応している。また、HomePodのアラームにApple Musicの楽曲が設定できるようになったこともアナウンスされている。

インターコム機能

HomePod同士、あるいはHomePodとiPhoneやiPad、Apple Watch間でメッセージの送受信ができる新機能。

リリースノートは以下のとおり。

ソフトウェアバージョン14.1では、HomePod mini、および新しいSiriとインターコムの機能に対応しました。このアップデートには、バグ修正と機能改善も含まれます。

HomePod mini

  • セットアップ後に、Apple ID、Apple Music、Siri、Wi-Fiの設定を自動的にHomePod miniに転送

Siri

  • HomePodに特定の場所について情報を尋ねると、Siriからの提案が“マップ”に表示
  • HomePodへのWeb検索リクエストを、HomePodからiPhoneに送信可能
  • すべてのHomePodスピーカーで、Siriからアラーム、タイマー、メディアを停止することが可能
  • ホームの複数のユーザの声を聞き分ける音声認識がPodcastに対応

インターコム

  • HomePodに頼んで、メッセージを家中のほかのHomePodスピーカーに送信
  • インターコムをすべてのHomePodスピーカーに配信
  • インターコムを特定の部屋やゾーンのHomePodに配信

その他の機能改善とバグ修正

  • アラームにミュージックを追加して、お気に入りの曲やプレイリスト、またはApple Musicのラジオステーションで起床
  • ステレオペアが同期していない状態で再生されることがある問題を修正
  • Siriを使って複数のスピーカーを操作するときの信頼性を向上
  • Siriのパフォーマンスを最適化

HomePod用のファームウェアアップデートは、Homeアプリからアップデートすることが可能。HomePodは自動で最新ファームウェアにアップデートされる仕組みになっているため、急ぎでない場合は特にユーザーの手でアップデートする必要はない。

関連記事
HomePodのソフトウェアをアップデートする方法
Apple、小型スマートスピーカー 「HomePod mini」 正式発表。価格は99ドル。発売は11月16日、予約開始は11月6日

▼ Apple公式サイトで 「HomePod」 シリーズを購入
HomePod
HomePod mini
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。