「HomePod ソフトウェアバージョン 14.2」 配信開始。Apple TV 4Kと連携して空間オーディオに対応したホームシアター環境を構築できるように

現地時間11月5日、AppleはHomePod向けファームウェアに最新アップデート 「ソフトウェアバージョン 14.2」 を配信した。

「ソフトウェアバージョン 14.2」 では、内蔵されたSiriに新機能が追加されており、「今日のアップデートをして」 と尋ねることで今日の予定やニュース、天気予報、交通情報、リマインダーなどその日のパーソナルな情報を提聞くことができる。さらにApple TV 4Kと連携して空間オーディオに対応したホームシアター環境を構築できる機能も実装された。

そのほか、「ソフトウェアバージョン 14.1」 で利用できるようになったインターコム機能の改善などの不具合・パフォーマンスの改善も行われているようだ。

HomePodソフトウェアバージョン14.2のリリースノート
ソフトウェアバージョン14.2には、新しいSiri、インターコム、およびホームシアター機能のサポートが含まれます。このアップデートには、バグ修正と機能改善も含まれます。

  • Siriに 「今日のアップデートをして」 と尋ねると、ニュース、天気、交通情報、リマインダー、カレンダーの予定を含む、自分の1日の概要を伝えます。
  • iPhone、iPad、Apple Watch、AirPods、およびCarPlayを使ったインターコム。
  • HomePodをApple TV 4Kに接続してステレオ、サラウンドサウンド、ドルビーアトモスオーディオを楽しめます。2台目のHomePodを追加して、より臨場感あふれるサウンド環境を実現します。

HomePod用のファームウェアアップデートは、Homeアプリからアップデートすることが可能。HomePodは自動で最新ファームウェアにアップデートされる仕組みになっているため、急ぎでない場合は特にユーザーの手でアップデートする必要はない。

関連記事
HomePodのソフトウェアをアップデートする方法
Apple、小型スマートスピーカー 「HomePod mini」 正式発表。価格は99ドル。発売は11月16日、予約開始は11月6日

▼ Apple公式サイトで 「HomePod」 シリーズを購入
HomePod
HomePod mini
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。