HomePodとHomePod miniのロスレスオーディオ対応、最新ベータ版で復活

HomePodは近くロスレスオーディオに対応する予定であることが明らかになっているが、その対応が 「HomePod ソフトウェアバージョン15.1」 で行われる可能性があることがわかった。

米Apple系メディア9to5Macによると、本日一部の開発者向けに配信されたHomePodソフトウェアの最新ベータ版 「HomePod ソフトウェアバージョン15.1 beta 1」 において、HomePodがロスレスオーディオに対応していると報告。

さらにDolby Atmosもサポートし、空間オーディオにも対応しているとのこと。

HomePod ソフトウェアバージョン15.1でロスレスオーディオ対応か

HomePodのロスレスオーディオ対応については、「HomePodソフトウェアバージョン15.0 beta 3」 において実装されていた。このことから、正式版 「iOS 15」 にて正式対応となることが予想されていたが、その後無効化され利用できなくなっていた。

今回も再び無効化される可能性はあるものの、ベータテストがうまくいったなら、いよいよ 「HomePodソフトウェアバージョン15.1」 で利用できるようになるかもしれない。ちなみに同ソフトウェアは 「iOS 15.1」 の配信と同時になるとみられている。

関連記事
HomePod レビュー | スマートスピーカーとしての実力を徹底検証~真髄は音質にあり

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。