「HomePod ソフトウェアバージョン 15.4.1」 配信開始。SiriでHomeKit対応アクセサリを動作させられない問題が解消

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間3月31日、AppleはHomePodおよびHomePod mini向けに、最新ファームウェアアップデート 「ソフトウェアバージョン 15.4.1」 の配信を開始した。

「ソフトウェアバージョン 15.4.1」 では、SiriでHomeKit対応アクセサリを動作させられない問題が解消されるなど、不具合の修正が行われているという。

ソフトウェアバージョン15.4 リリースノート
ソフトウェアバージョン15.4.1では、Siriからの制御にHomeKit対応アクセサリが応答しなくなっていた問題が修正されています。このアップデートには、HomePodのバグ修正も含まれます。

HomePodは最新ファームウェアが自動適用される仕組みになっているため、急ぎでない場合は特にユーザーの手でアップデートする必要はないものの、Homeアプリを開くことで手動でアップデートさせることが可能。いち早く最新ファームウェアを利用したい場合はHomeアプリからアップデートを。

関連記事
HomePodのソフトウェアをアップデートする方法
HomePod mini レビュー | ソフトボールサイズなのに信じられないほど良質な音。自宅の音楽環境を手軽アップグレード
HomePod レビュー | スマートスピーカーとしての実力を徹底検証~真髄は音質にあり

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。