『Horizon Forbidden West』アーロイ役の声優・高垣彩陽さんのインタビュー公開。“ダンボール工作クリエイター” つくるさん。による弓矢アートも

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは先月18日に発売した『Horizon Forbidden West』 の発売を記念して、主人公アーロイ役の日本語版声優を務める高垣彩陽さんのインタビューを公開した。

また、主人公アーロイが使う弓矢を、YouTubeなどで人気の “ダンボール工作クリエイター” つくるさん。が再現した動画も公開されている。ゲーム中でアーロイのメイン武器として使用する弓矢 「狩人の弓」 をダンボールで再現。ダンボールとは思えないほど精巧な出来栄えに筆者も驚愕した。

高垣彩陽さんのインタビュー内容は以下。

主人公・アーロイを演じて
「『Horizon Forbidden West』でのアーロイは、楽しそうに会話をしたり冗談を言ったり、私も驚いてしまうくらい砕けた瞬間があって、前作に比べてとても人間味が増していると感じました。アーロイは責任感の強い人なので自分の中で抱え込んでしまうこともあるのですが、本作では周囲の人間との関わりがより深くなっていくことで、人間としてのアーロイの成長が感じられると思います。アーロイの圧倒的なカリスマ性や果敢に挑んでいく姿勢、精神的な強さに憧れますし、支えてくれる仲間がいるのは彼女自身の魅力だと私は思います。一人で生きてきたアーロイが他者とのコミュニケーションを通じて家族のような温かいものを手にしていく。世界を救うために一人ではなく仲間と共に戦う、そんなアーロイの姿をぜひ見ていただきたいです。」

「Horizon」シリーズのプレイヤーに向けて
「前作『Horizon Zero Dawn』は大変多くの方に楽しんでいただき、本作へのご期待もひしひしと感じていました。本作の収録をしている時は皆さんに早くお届けしたいという気持ちでいっぱいだったので、プレイしていただけることがとても嬉しいです。前作からストーリーや映像、アクションなど様々なことが進化していますし、やり込み要素も満載です。是非アーロイとなって大地を駆け、空を飛び、水の中を泳ぎ、『Horizon Forbidden West』の世界を余すところなく体感してください!」

関連リンク:PlayStation.Blog 高垣彩陽さんインタビュー記事全文

『Horizon Forbidden West』とは、2017年に発売し、人気を博したオープンワールドアクションRPG『Horizon Zero Dawn』の続編。本シリーズは人類文明が崩壊し、かつての都市が自然に飲み込まれた美麗な世界、闊歩しつづける恐るべき機械獣たち、そしてその世界を生きる人類を描く、“ポストアポカリプス” な世界観・ストーリーが魅力の作品。

『Horizon Forbidden West』ではグラフィック・表現力が大幅に向上。さらに、装備や新たなアクションが追加されたことで、冒険はよりダイナミックなものにパワーアップ。

舞台はタイトルにもあるとおり、“Forbidden West (禁じられし西部)” 、つまりアメリカ大陸の西部へと足を踏み入れる冒険。アーロイの世界を救う旅が再びはじまる。

プラットフォームはPS4/PS5。発売は2022年2月18日。PS Storeや各家電量販店、各ECサイトにて購入が可能だ。

関連記事
『Horizon Forbidden West』レビュー。機械獣で溢れる “禁じられし西部” でアーロイの人類救う旅路再び

©2022 Sony Interactive Entertainment Europe. Developed by Guerrilla. Horizon Forbidden West is a registered trademark or trademark of Sony Interactive Entertainment LLC.
(画像提供:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。