iPhone 6sが1時間水に浸けても生きていた理由!

先日の記事で、iPhone 6sが水に浸けても何事もなかったように生きていたという検証動画を紹介した。動画内では実際に1時間浸けても動作しているiPhone 6s / 6s Plusの様子が映し出されていた。
関連記事:【防水?】iPhone 6sは一時間水に浸けても動作する!?

iFixit によると、AppleはiPhone6sには従来施していなかった水濡れ防止対策をしていたことが判明!

ガスケットを挟んで浸水防止

iPhone6sの水濡れ対策

[via iFixit]

ディスプレイと本体は粘着テープで固定されているのだが、ガスケットが挟まれているため、ここから水が侵入しないようになっている。
こちらがそのガスケット。黒いテープ状のものを間に挟んでいる。

コネクタ部分をシリコンシールで防御

iPhone6sの水濡れ対策01

[via iFixit]

iPhone 6sシリーズにはディスプレイとバックパネルの間、iPhone内部ケーブルのコネクター部にシリコン製のシールが貼り付けられた。この技術はAppleが3月に取得した「電子部品から水分を遮断する方法について」という特許から来ているものと思われる。

ちなみにiFixitは1時間水に沈めた後48時間浸ける実験を行っているが、それでも問題なかったとのこと!

iPhone 6s / 6s Plusは防水ではない!

だが、これらの結果を見たSNSユーザーの中で、「iPhone 6sは完全防水」という誤った認識が広まっているようだ。あくまで実験では耐えただけであって、必ずしも水に入れても大丈夫というわけではないので注意してほしい。他の実験動画ではiPhoneが故障したものもある。Appleは防水と謳っていないことを考えると水が浸水する可能性は十分にあると考えるべきだ。
ましてや「iOS 9にすると防水になる」という噂も出ているが、これは絶対にない。防水はデバイスの構造の関係で実現できるものであって、OS (ソフトウェア)側から対応できるものではない。なのでiOS 9にしたからといって水に浸けても自分のiPhoneが犠牲になるだけなので絶対にやらないように!

iPhone6sの水濡れ対策
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう