iPhoneが熱くなってしまった時の正しい対処法!

夏は終わり秋になろうかとしている最中、発熱が原因でこんな問題が一部のiPhoneユーザーで発生したとの報告があった。

関連:iPhone 6s / 6s Plusで異常発熱 !? 一部の機能が使えなくなるという症状も!

扇風機

今回はiPhoneの発熱が原因で一部の機能(フラッシュ撮影など)が使えないなどの問題が発生したが、発熱の状況次第ではiPhoneが冷めるまで「画面の表示ができない」「充電ができない」ようになってしまう。

そこで、最も暑い時期は過ぎてしまったが、iPhoneが熱くなってしまった時にどうしたらいいかをまとめてみたのでご紹介!

【熱くなってしまう原因】

熱が篭るところでの使用・充電
あまり熱が篭るところと言っても想像し辛いかもしれないが、例えばカバンの中や袋の中だ。モバイルバッテリー等で充電するときなど温度に注意が必要だ。

直射日光を当てる
直射日光の当たる場所で、ましてやそこで充電なんかさせてませんか?僕はこれを前に一度やってしばらくオーバーヒートさせてしまったことがある。
あと、充電していなくても、車内の温度によっては意外と簡単にオーバーヒート状態になるので、気をつけて!

充電しながら負荷のかかるゲームをする
これは割とあるシチュエーションだと思う。バッテリーを充電している時はどうしてもiPhoneは熱くなりがち。さらに追い討ちをかけるように負荷をかけるようなゲームをするとiPhoneが悲鳴をあげます。やめましょう。

他にもいろんなシチュエーションが考えられるが、基本的に熱くなるようなところでの使用や充電は避けたほうがいい。

【もしiPhoneが熱くなった時の冷まし方】

注意して欲しいのが冷蔵庫や氷水の入った袋などで急激に冷やすこと。これは絶対やめて欲しい。内部で結露が発生したりなど思わぬ故障に繋がる可能性がある。

ではどうすればいいのか!

基本は涼しいところに放置するのが一番。ゆっくりと熱を逃がしてあげるとiPhoneも喜ぶはずだ。方法はいくらかある。
・日陰に置く
・冷えるまで使用しない
・冷えるまで充電しない
・冷房の効いた部屋に置く。
・ケースを外す
・扇風機を当てる

このいずれかを組み合わせて冷やすと効果的だ。

 

 

ちなみに、高温注意になるとiPhoneはこう言う表示が出る。

高温注意 iPhone

これが出たら要注意。こうなったら上に書いた方法でiPhoneを冷やして欲しい。
間違っても水に入れて冷やそうなんて考えないように!
関連:【噂】iPhone 7は防水・防塵!?

扇風機
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう