【TIPS:iOS】セルフィー撮影後にポートレートライティングを追加する方法ーAppleが解説動画を公開

「iPhone X」は、「ポートレートセルフィー」写真を撮影することが可能だ。

ポートレートセルフィーは、名前の通りセルフィー撮影でもポートレートモードが利用することができる機能だが、実は同機能にはユニークな照明エフェクトがいくつか用意されているのをご存知だろうか。

そのエフェクトとは、「ポートレートライティング」。「ステージ照明」などの照明エフェクトで、実際にスタジオで撮影したかのような写真に加工することが可能。

ポートレートセルフィーにエフェクトを加える方法は、まずは「iPhone X」でセルフィー写真を撮影する。撮影方法は以下の動画を見ていただけたら、簡単にお分りいただけるはずだ。

そしてセルフィー写真の撮影が終わったら、写真アプリで、加工したいセルフィー写真を選択し、画面右上の「編集」を選択する。

そうすると、「照明エフェクト」の候補が表示されるため、効果を加えたいエフェクトを選択することで完了だ。

エフェクトは全4種類。

  • スタジオ照明
  • 輪郭強調照明
  • ステージ照明
  • ステージ照明(モノ)

ちなみに、一度エフェクトを加えた写真も、上記方法で「自然光」を選択するか、編集画面の右下で「元に戻す」を選択することで、エフェクトなしの写真に戻すことが可能だ。

この「ポートレートセルフィー」機能は、端末の前面カメラが3D認識に対応した「iPhone X」のみで利用することが可能。

「ポートレートライティング」機能自体は「iPhone 8 Plus」でも利用することが可能だが、セルフィー写真でも利用できるのは「iPhone X」のみとなっている。

Appleも「iPhone でポートレートモードを使う」というサポートページを公開しているので、詳しくはこちらの記事もご覧いただきたい。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。