当メディアはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

HP、「OMEN Transcend 14」 発表。世界最軽量をうたう14インチゲーミングノートPC、RTX 4070搭載可能

▼ iPhone 15/15 Proの予約は公式オンラインショップから!

HP Inc.は現地時間1月8日、米ラスベガスで開催される世界最大のテクノロジー見本市 「CES 2024」 にあわせて、同社ゲーミングPCブランド 「OMEN」 から新型ゲーミングノートPC 「OMEN Transcend 14」 を発表した。

価格は1,499.99ドル〜で、本日からHP.comで予約受付を開始しているほか、BestBuy.comでも販売を予定している。なお、国内での販売については現時点では未定。

軽量ながらパワフルな性能を実現した 「OMEN Transcend 14」 発売

「OMEN Transcend 14」 は、軽量で持ち運びやすいデザインながら、優れた冷却性能も備えたOMENブランドの最新ゲーミングノートPC。HPは 「世界で最もクールで軽量な14インチゲーミングノートPC」 とアピールする。

画面には14インチの有機ELディスプレイを採用しており、解像度は2.8K (2880 x 1800) 。画面占有率は83.73%で、48〜120Hzの可変リフレッシュレートに対応する。

画面の応答時間は0.2msと高速で、動きの速いゲームなどでも残像感が少なく、くっきりとした映像が楽しめる。IMAX Enhanced認証も取得しているため、映画鑑賞も最大限に楽しむことができる。

キーボードは、HyperX Puddingにインスパイアされた世界初の 「lattice-less sky printed RGB keyboard」 が採用。半透明の縁取りとソリッドカラーの上部を持つキーキャップにより、キーボードからの光がより多く透過することで、各キーの周囲に光り輝く効果を生み出す。

プロセッサーにはAI処理に特化した 「インテル Core Ultra」 を採用。「Core Ultra 7 155H」 もしくは 「Core Ultra 9 185H」 のどちらかを選択可能だ。

グラフィックスには、NVIDIAの 「GeForce RTX 4050 Laptop GPU」 「GeForce RTX 4060 Laptop GPU」 「GeForce RTX 4070 Laptop GPU」 のいずれかを搭載可能。最新ゲームや演算負荷の高いタスクも快適にこなしてくれる。

ゲームプレイなどで発生した熱は、再設計されたシャーシによるエアフローを利用して加圧ゾーンを形成し、背面の通気口からベイパーチャンバーを利用して直接放熱する仕組みだ。

ゲーム実況配信者にとって、配信とゲームプレイを同時に実施することによるパフォーマンス低下が気になる人もいるとは思うが、本製品ではNPUとOBS Studio向けOpenVINOプラグインを活用することで、配信中のFPSが最大24.6%向上するという。

「OMEN Transcend 14」 は、HyperXのオーディオチームがカスタムチューニングを施したことで、明瞭かつ周波数バランスが向上し、ゲームプレイ中のサウンド体験が向上している。ゲーミングヘッドセット 「HyperX Cloud III」 用の2.4Hz ULL接続も内蔵しており、同ヘッドセットとの低遅延接続もサポートする。

また、「OMEN Transcend 14」 はOtter.aiによる内蔵AI機能も備えており、会議や授業中のライブ書き起こしやリアルタイムのキャプション、音声を書き起こすための録音機能、AIが生成したメモなどの機能が利用できる。

搭載ポートはThunderbolt 4が1ポート、USB Type-Cが1ポート、USB Type-Aが2ポート、HDMI 2.1が1ポート、3.5mmヘッドホンジャック。

搭載ポート

  • Thunderbolt 4 (最大40Gbps) x1
  • USB Type-C (最大10Gbps) x1
  • USB Type-A (最大10Gbps) x2
  • HDMI 2.1 x1
  • 3.5mmヘッドホンジャック

バッテリー持ちは最大11.5時間。Windows向けソフトウェア 「OMEN Gaming Hub」 のAuto Dynamic Refresh Rate (DRR)を活用すれば、コンテンツや電源モードに応じて自動でリフレッシュレートを調節し、バッテリー持ちが最大7%向上する。さらにECOモードにすることで、バッテリー持ちが最大20%向上する。

本体は付属するUSB PD対応140W電源アダプターで快適に充電可能で、30分の充電で50%まで充電できる高速充電にも対応する。

そのほか、Wi-Fi 7やBluetooth 5.4に対応。搭載OSはWindows 11 Home/Windows 11 Pro。

本体サイズは約31.3 x 23.35 x 1.8cm、重量は約1.64kg。本体カラーはシャドウブラックとセラミックホワイトの2色展開。

今回の 「OMEN Transcend 14」 の発表に併せて、「OMEN Transcend 16」 に有機ELディスプレイのオプションが追加。解像度はWQXGA (2560 x 1600) で、48〜240Hzの可変リフレッシュレートに対応する。価格は1,899.99ドル〜で、1月10日にHP.comで発売予定だ。

左:OMEN 16/右:Victus 16

また、「OMEN 16」 と 「Victus 16」 は、新たにインテル Core i7 HXプロセッサーを搭載したモデルが発売する。価格はどちらも1,199.99ドル〜で、HP.comでの発売は 「OMEN 16」 が1月10日から、「Victus 16」 が2月以降を予定している。

(画像提供:HP)

▼ iPhone 15/15 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。