HTC、新型VRヘッドセット 「Vive Pro Eye」 「VIVE Cosmos」 発表 世界初の無制限VRサブスクリプション 「Viveport infinity」 も

現地時間1月8日、HTCは米ラスベガスで開催中のCES 2019で新型VRヘッドセット 「Vive Pro Eye」 を含む複数の新製品、VR向けとしては初となる無制限サブスクリプションサービス 「Viveport Infinity」 等を発表した。

視線トラッキング機能を追加した新型ヘッドセット 「Vive Pro Eye」

「Vive Pro Eye」 は2018年4月に発売した 「Vive Pro」 に視線トラッキング機能を追加した新モデル。ユーザーの目の動きを追跡することで、コントローラーを使用せずにコンテンツやメニューを選択することが可能になる。

視線トラッキング技術に関してはバーチャルキャストのVisrtualCast Enterprise版が対応を発表しており、デモ映像が公開されている。VIVE Pro Eyeを装着したユーザーの視線の変化やまばたきなど目の動きを可愛らしいキャラクターで自然かつ滑らかに再現することに成功している。本機能は、一般配布を行っているVirtualCast Consumer版にも適用される予定となっている。

発売は2019年第2四半期を予定。価格やスペックの詳細は明らかにされていないため、続報に期待したい。

外部ベースステーション不要の新型ヘッドセット 「VIVE Cosmos」

「Vive Pro Eye」 のほかに、新型VRヘッドセット 「VIVE Cosmos」 も披露された。同製品は、外部のベースステーションが不要のVRヘッドセットで、家と外出先の両方で使用できる柔軟性があり、ゲーミングPC以外からも接続することができるという。

HTVの発表によると、VIVE Cosmosは完全に新しいVR体験となる「Vive Reality System」を使用する最初のVIVEヘッドセットとなる予定であるとのこと。開発者向けキットが2019年の早い時期に提供される予定となっており、詳細や価格などは2019年後半に公表予定であるとアナウンスしている。

Vive Reality System
ヘッドセットを装着した瞬間からコンテンツを操作するまでのユーザー体験を完全に変えるものとして発表された新システム。VIVE Cosmosが最初の採用デバイスとなり、VIVE Cosmos向けは今年後半に配信開始となるが、その他のVIVE製品でも体験が可能となる予定。ちなみに、同プロジェクトの一環としてMozillaと共同でVIVE専用VRブラウザ 「Firefox Reality」 も発表されている。

VR向けサブスクリプションサービス 「Viveport Infinity」

HTCは2種類の新型VRヘッドセットの他に、VR向け無制限サブスクリプションサービス 「Viveport Infinity」 のローンチも明らかにしている。同サービスはVR向けコンテンツとしては世界初のサブスクリプションサービスとなり、加入者は数百のVRコンテンツを無制限にアクセスできるようになる。

ローンチは2019年4月5日。VIVE発売3周年を記念した 「VIVE Day」 に合わせてサービスが開始される予定で、Viveport Infinityのライブラリから500以上のタイトルを無制限でダウンロードして遊ぶことができるという。Viveport Infinityは新旧のVIVEデバイスだけではなく、Oculus RiftやVIVE Waveに参加している他社デバイスからもアクセスする事ができるとのことだ。月額利用料金は明らかにされていないが、今後詳細が発表されるものと予想される。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。