HTC、新型VRヘッドセット 「VIVE Flow」 正式発表。瞑想などマインドフルネス用途を想定した軽量モデル

現地時間10月14日、HTCは新型VRヘッドセット 「VIVE Flow」 を正式発表した。発売は11月を予定していて、米国での販売価格は499ドル。海外では予約受付が開始されている。

現時点で国内向けストアにはまだ情報が掲載されておらず、国内での販売価格や発売日は不明だ。

HTCの新型VRヘッドセット 「VIVE Flow」 正式発表

「VIVE Flow」 は、HTCが開発するVRヘッドセット 「VIVE」 シリーズの新型モデル。コンパクトかつ軽量で、パイロットサングラスのようなデザインを採用しているのが特徴のヘッドセット。

主に瞑想やマインドフルネス用途として使われることを想定している。AndroidスマートフォンとBluetoothで接続する形式を採用しており、接続したスマートフォンをコントローラーとして使用する。

ヘッドセットにはインサイドアウト方式の6DoFトラッキングカメラが2つ搭載されており、周囲を確認するためのパススルーカメラも搭載されている。

ディスプレイは2.1インチLCD液晶が2枚で構成され、それぞれの解像度は1,600×1,600。両眼で3.2K仕様となる。視野角は最大100°、リフレッシュレートは75Hzとなっている。

なお、左右のレンズにはそれぞれ度数を調節する機能が備わっているため、眼鏡ユーザーも裸眼で装着できる。

チップセットはQualcomm XR1、メモリ容量は4GB、ストレージ容量は64GB。

バッテリーは内蔵されていないため、基本は外部電源で電力供給を行う形となるが、電源ケーブルが抜けた時などでも動作できるようにするためのホットスワップをサポートし、5分まで外部電源なしでも駆動することが可能だ。電源ポートの形状はUSB Type-C。本体サイズは非公開、重量は189g、電源ケーブル込みで239g。

そのほか空間オーディオ対応スピーカー、ノイズキャンセル機能付きデュアルマイクロフォンが搭載される。

「VIVE Flow」 は海外では本日から予約受付が開始されており、米国での販売価格は499ドル。発売は11月を予定している。現時点で国内での販売についての詳細はアナウンスされていない。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。