「HUAWEI Band 7」 6月2日に国内発売。画面の常時点灯に対応、細かいデザイン変更でつけ心地も向上

ファーウェイ・ジャパンは、スマートバンドの新型モデル 「HUAWEI Band 7」 を6月2日に国内発売する。価格は8,580円(税込)。

▼ 「HUAWEI Band 7」 を各ストアで購入する
ファーウェイ公式サイト
Amazon.co.jp
ヨドバシ.com
ビックカメラ.com
ノジマオンライン

「HUAWEI Band 7」 は、1.47インチの有機ELディスプレイを搭載したスマートバンド。タッチ操作に対応した2.5D曲面ガラススクリーンを採用し、画面解像度は368×194、常時点灯にも対応する。

本体サイズは約44.35(W) x 26(H) x 9.99(D)mm。前モデル 「HUAWEI Band 6」 から横幅が4mm削減されており、フィット感が向上しているほか、心拍数モニタリング用の凸部分を減らしたことで圧迫感を軽減している。

本体重量は約16g(バンドを含まず)。ストラップ (バンド) はシリコンラバーを採用。こちらもバンドの通気性を改善しており、より快適に装着することができるようになったとのことだ。

(画像提供:ファーウェイ・ジャパン)

文字盤は多数用意されており、ユーザーが好きなものを設定できる。また、iOSデバイスとの連携も可能だが、こちらでも有料の文字盤が利用できるようになった。

(画像提供:ファーウェイ・ジャパン)

搭載された各種センサーで、心拍数や歩数などユーザーの日々の活動量をトラッキングすることが可能。

合計96種類のワークアウトモードに対応し、たとえば屋外ウォーキングやローイング、エリプティカル、屋外ランニング、自由訓練、屋外サイクリングなどが利用できる。ワークアウトの分類は、プロスポーツモードが11種類、カスタムワークアウトが85種類。

なお、防水性能は水仕事に耐えることができるレベルの5気圧防水相当。

(画像提供:ファーウェイ・ジャパン)

健康管理用のトラッキングは、心拍数、血中酸素量、睡眠、ストレス、生理周期に対応しており、このうち心拍数と血中酸素量については24時間モニタリングに対応している。

バッテリー駆動はフル充電で14日間。5分間の充電で約2日駆動できる急速充電にも対応する。

(画像提供:ファーウェイ・ジャパン)

カラーはグラファイトブラック/フレイムレッド/ネビュラピンク/ウィルダネスグリーンの全4色。価格は8,580円(税込)で、6月2日に国内発売予定だ。

▼ 「HUAWEI Band 7」 を各ストアで購入する
ファーウェイ公式サイト
Amazon.co.jp
ヨドバシ.com
ビックカメラ.com
ノジマオンライン

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。