HUAWEI FreeBuds Lipstick レビュー。口紅かと思いきや中身は完全ワイヤレスイヤホン

ケーブルが一切存在しない完全ワイヤレスイヤホンは、快適に音楽を楽しむのにうってつけ。筆者も外出時には必携のアイテムとなっている。

ただ、今あるイヤホンの多くはガジェット感のある製品が多く、いまいちオシャレとは遠い製品が多い。特に女性からは 「性能だけじゃなく、見た目にもこだわりたい」 という声があがっている。

そんなニーズを汲んだガジェットっぽさの薄い完全ワイヤレスイヤホンが、昨年11月にHUAWEIから登場している。その名も 「HUAWEI FreeBuds Lipstick」 。

今回、HUAWEIより 「HUAWEI FreeBuds Lipstick」 の実機をお借りすることができたので、本製品のデザインや使用感などご紹介したいと思う。

口紅のようなオシャレなデザイン

上記写真が今回紹介する 「HUAWEI FreeBuds Lipstick」 。見てのとおり、外観はまるで本物の口紅のよう。遠目から見たら完全に見間違ってしまいそう……!

ケース半分あたりから蓋を開けると、今度は口紅のように真紅色のイヤホンが。

イヤホン、ケースともに表面の輝き方が高級感を漂わせており、使用者をワクワクさせてくれる。ポーチやハンドバックの中から出てきたら、一瞬本物の口紅かと錯覚してしまうほどのクオリティ。実際、筆者の女友達の前に何気なく置いてみたところ、筆者がネタバラシをするまでずっと口紅だと勘違いしていたとのこと(笑)

ケース底面にはUSB-Cポートが用意されていて、ここからケースに内蔵されているバッテリーを充電する仕組み。

重量はイヤホン単体では4.1gと軽量だが、ケース込みでは90gほど。ケースがステンレス製ということもあってのことだとは思うが、他の完全ワイヤレスイヤホンに比べて若干重めで手に持つとズッシリくる。また、ケースに指紋がつきやすいのは、ちょっとだけマイナスポイントと言えるかもしれない。

バッテリー駆動時間はイヤホン単体で4時間程度、バッテリーケース併用で最大22時間程度。アクティブノイズキャンセル機能をオンにするともうすこし短くなり、イヤホン単体で2.5時間、バッテリーケース併用で14時間の駆動が可能。他社のイヤホンと比べると少々バッテリー持ちが弱いのが気になるところだが、1回の使用が2時間以内なのであればあまり気にしなくても良いところかもしれない。

音質・ノイズキャンセリング・操作感など

イヤホンは 「HUAWEI FreeBuds 4」 と同じものになっていて、形状は開放型。

カナル型のように周囲音を物理的にシャットアウトできるわけではないものの、搭載されているアクティブノイズキャンセリング (ANC) 機能によって、静かな環境で音楽を聴くことが可能だ。

ノイズ除去が得意なのは低音の雑音で、人の会話や電車のアナウンスなどの除去はあまり期待できない。人の雑踏やエアコンの送風音などはそれなりに遮断できているような印象だ。

肝心の音の傾向は低音強め。「HUAWEI FreeBuds Lipstick」 には14.3mmの大型ダイナミックドライバーが搭載されており、パワーエンジンによって低音を増強する。オープン型のイヤホンでこれほどの低音を実現できている製品は少ないのではないだろうか。

代わりに、中・高音域についてはすこし解像度、メリハリに物足りなさを感じることもあった。この辺りのフィーリングの違いはイコライザ機能で自分好みに調節できるため活用していただければと思うが、やはり本イヤホンの音の特徴はどちらかというと低音強めという感じだった。

外音をシャットアウトできるわけではないため、周囲の音に邪魔されず音楽や映画をじっくり楽しむにはあまり向かないかもしれないが、裏を返せば程よい程度に自分の周りの音が入ってくることから通勤や通学時などに安心して使えるのではないだろうか。そもそも自宅で使うなら、「HUAWEI FreeBuds Lipstick」 のようなラグジュアリー感のあるデザインである必要性も薄いはず。

イヤホンにはタッチコントロール機能が搭載されており、イヤホンに触ることで再生や停止といったコントロールが可能。上下のスワイプで音量のアップ、ダウン、長押しでノイズキャンセリング機能のオン・オフができる。

感度は悪くないので、操作も十分に可能だろう。ただし、個人的な問題なのかもしれないが、「HUAWEI FreeBuds Lipstick」 に限らず完全ワイヤレスイヤホンのタッチ操作は、イヤホンを耳内側に押し込んでしまう動作となってしまうため、個人的にはあまり好みではない。

とはいえ先述の友人に試してもらったところ、割とうまく操作できていたことから、やはり筆者特有のものである可能性もありそうだが、イヤホンのタッチ操作に慣れない方はスマートフォンからの操作が一番安心できるのではないだろうか。

まとめ

今回は 「HUAWEI FreeBuds Lipstick」 をレビューした。本製品の中身は 「HUAWEI FreeBuds 4」 と同じではあるものの、バッテリーケースとイヤホンにユニークなデザイン・カラーが採用されたことで、普段の生活の中で使うと気分を高められる、「ガジェットらしくないガジェット」 になっていると感じた。

普段は取材や出張など仕事のある日はMacBookなどガジェットがズッポリ入る、色気のないカバンを持ち歩くことが多い筆者だが、しかしショッピングやちょっとしたお出かけの際にはすこしオシャレなカバンを持って歩く。そんなときに、カバンの隙間からチラリと見えたら、あるいはイヤホンを取り出すときにルージュ型のイヤホンだったら、”休日気分” をさらに高められそう。

今回のレビューを通じて、普段持ち歩くアイテムからガジェットっぽさを無くしたい方に 「HUAWEI FreeBuds Lipstick」 はオススメしたい。ちょっとした会話のネタにもなったりするので、気になる方はぜひ本製品の詳細をチェックしてみていただきたい。自分用としてだけでなく、誰かへのプレゼントなどにもどうだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。