HUAWEI、折りたたみスマホ 「Mate X」 発表 価格は約29万円、5Gにも対応

現地時間2月24日、中国HUAWEIはスペインのバルセロナで開催される 「MWC 2019」 を前に、新型スマートフォン 「Mate X」 を発表した。

「Mate X」 は二つ折りできる8インチ大画面ディスプレイを搭載した、折りたたみ (フォルダブル) スマホ。折りたたみスマホといえば、Samsungがつい先日 「Galaxy Fold」 を発表したのが記憶に新しいが、Galaxy Foldは手帳のように内側に折りたたむタイプだったのに対して、この 「Mate X」 は外側に折りたたむ山折りタイプ。折りたたむと、端末の前面と背面の両方に画面が存在するのが 「Mate X」 の特徴となる。

Huaweiの新型スマートフォン 「Mate X」 が発表

ディスプレイサイズは前面(メイン)が6.6インチ、背面が6.38インチ。それぞれのディスプレイは折りたたんだ状態でも使用できるが、開いた時は8インチとiPad miniのような小型タブレットよりも大きな画面を利用することができる。画面解像度は2,480×2,200ピクセル、縦横の比率は8:7.1だ。

ちなみに、「Mate X」 はiPhone XのようなノッチやGalaxy S10のようなパンチホール (穴あき) デザインは存在しない完全ベゼルレスデザインになっている。それではカメラはどこに配置されているのかというと、背面左側に3つのカメラを縦型に搭載されており、Mate Xを折りたたんだ状態で撮影が可能だ。

画面を開いた状態ではマルチタスクが可能だ。画面をに縦に二分割した状態で操作することが可能で、ドラッグ&ドロップにも対応する。

生体認証は指紋センサー、サイドボタンの下に配置されている

カメラレンズは4000万画素の広角レンズと1600万画素のウルトラワイドレンズ、そして800万画素の望遠レンズを搭載。カメラはHUAWEI端末おなじみのLeica(ライカ)、画質には大いに期待できそうだ。ちなみに、セルフィー写真はセルフィーカメラが別途用意されているわけではなく、通常のカメラを使用するため綺麗な写真が撮影できるだろう。

「Mate X」 は次世代通信規格5Gに対応した初めてのフォルダブルスマホだ。5G通信をサポートする通信モデム 「Balong 5000」 を搭載しており、5G通信下では1GBの動画をわずか3秒でダウンロードできるという。デュアルSIMをサポートし、5Gと4Gに対応する。

搭載されているプロセッサはHUAWEI Kirin 980、メモリ容量は8GB。ストレージ容量は512GBで、外部ストレージにはHUAWEI独自メモリーカード 「MNCard」 (256GB) に対応する。8インチの大画面を搭載するからかバッテリー容量は4,500mAhと巨大だが、最大55W電源アダプタが同梱されておりわずか30分で85%までバッテリー残量を回復させることができるという。バッテリーに困ることはあまりないのかもしれない。

耐久性に不安の残る形状だが、購入への最大のハードルは価格。HUAWEIの発表によると2,300ユーロで、日本円にすると約28万8000円。

SamasungのGalaxy Foldが約22万円とスマホとしては高額だったが、「Mate X」 はさらに強気の価格設定となっている。MacBook Proすらも買えてしまうハイエンドスマホだが、今度スタンダードとなっていきそうな折りたたみスマホということもあり、注目を集めること間違いなしだろう。2019年中頃に発売予定で、まだ詳細な日時は発表されていない。

  Huawei Mate X
ディスプレイ
(Unfolded)
8インチ
解像度:2,480 × 2,200
ディスプレイ
(Folded)
オモテ
6.6インチ
解像度:2,480 × 1,148
ウラ
6.38インチ
解像度:2,480 × 892
プロセッサ HUAWEI Kirin 980
RAM + ROM 8GB + 512GB
外部ストレージ NM card (最大256GB)
SIM デュアルSIM
スロット1:nano SIM
スロット2:nano SIM or NM card
通信 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)
Bluetooth 5.0
外部ポート USB Type-C
カメラ トリプルレンズ
広角(40MP) + 超広角(16MP) + 望遠(8MP)
バッテリー容量 4,500mAh
OS Android 9.0
サイズ Unfold
146.2 × 161.3 × 5.4〜11 mm
Fold
78.3 × 161.3 × 5.4〜11 mm
重量 295g
カラー Interstellar Blue
価格 2,300ユーロ
(約28万8000円)
発売日 2019年中頃
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。