HUAWEI、新型折りたたみスマホ 「Mate Xs」 発表 価格は約30万円

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

2月24日、HUAWEIは新製品発表イベント 「Huawei Consumer Business Product and Strategy Virtual Launch」 を開催。新型折りたたみスマートフォン 「HUAWEI Mate XS」 を発表した。価格は2,499ユーロ(約30万円)、発売は2019年中頃を予定している。

「HUAWEI Mate XS」 が正式発表

「HUAWEI Mate Xs」 は、昨年発売した折りたたみスマートフォン 「HUAWEI Mate X」 の第2世代機。Samsungが 「Galaxy Z Fip」 という縦型の折りたたみスマートフォンを発表したのに対して、「HUAWEI Mate Xs」 は先代モデルと同じ横折りを引き続き採用。デザインは変えない代わりに、性能を強化するなど磨き上げた最新モデルとなっている。

画面サイズは8インチ。「Galaxy Fold」 の画面サイズは7.3インチだったため、それよりも広い画面をアピールしている。畳んだ時の画面サイズは6.6インチもしくは6.38インチ、こちらも従来から変わらず。

端末の厚みは5.4mm。畳んだ時の厚みは11mmで、ライバルであるSamsungの製品よりも薄さで優れていることをアピールした。

「HUAWEI Mate Xs」 を開いた時は、画面全体にアプリを表示したり、左右にアプリを分けて表示することもできる。分割したアプリの位置は簡単にスイッチングできるほか、片方のアプリからもう片方のアプリへのドラッグ&ドロップもとても簡単・スムーズにできるとしている。

搭載カメラはToFカメラを入れたクアッドコア仕様。上から4000万画素の広角レンズ(27mm, f1.8, RYYB)、800万画素の望遠レンズ(80mm, f/2.4, OIS)、1,600万画素の超広角レンズ(17mm, f/2,2)、3D深度センサーが利用できるToFカメラとなっている。これらはLeicaレンズとなっていて、綺麗な写真を撮影することが可能だという。

搭載SoCは 「Kirin 990 5G」 。先代モデルに比べてCPU性能23%、GPU性能は39%向上。さらに省電力性能もCPUは23%、GPUは32%改善しているとのことだ。RAM(メモリ)容量は8GB、ストレージ容量は512GBとなっている。

もちろん5Gにも対応。デュアルSIM構造になっていて、5G+5Gのデュアルも実現できるとのこと。

価格は2,499ユーロで、日本円にすると約30万円となる。同スマートフォンは中国だけでなくグローバルでの発売も予定しているとのこと。発売時期は2019年中頃を予定している。日本で販売されるかどうかは不明だが、日本市場への積極的な展開を行っているHUAWEIなら同製品を投入してもおかしくはなさそうだ。

  Huawei Mate XS
ディスプレイ 有機ELディスプレイ
オープン:8インチ
クローズ(メイン):6.6インチ
クローズ(サブ):6.38インチ
解像度 オープン:2480 × 2200
クローズ(メイン):2480 × 1148
クローズ(サブ):2480 × 892
背面カメラ 4眼レンズ
広角:40MP / F1.8
超広角:16MP / F2.2
望遠:8MP / F2.4
ToFカメラ
前面カメラ なし
プロセッサ HUAWEI Kirin 990 5G
RAM+ROM 8GB+512GB
外部ストレージ NM SD Card (最大256GB)
SIM Nano SIM + nano SIM
OS EMUI 10.0.1 (Android 10ベース)
バッテリー容量 4500mAh
外部ポート USB Type-C
ワイヤレス充電 ×
生体認証 指紋認証(本体側面)
防水性能 ×
通信 Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
サイズ オープン:146.2 × 161.3 × 5.4mm
クローズ:78.5 × 161.3 × 11mm
重量 300g
カラー インターステラーブルー
価格 2,499ユーロ (約30万円)
Huaweiの最新モデルを各キャリアのオンラインショップでチェック
▶︎ NTTドコモau by KDDIソフトバンク

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。