ファーウェイ、「MateView SE」 国内発売。手頃な価格で高機能なエントリーモデル、価格は22,800円から

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

9月15日、ファーウェイは新型モニター 「MateView SE」 の国内発売を発表した。

価格は通常モデルが22,800円、縦横回転版が26,800円 (いずれも税込) 。本日から公式サイトなどで購入が可能だ。

MateViewシリーズのエントリーモデル 「MateView SE」

「MateView SE」 は、従来から販売されている 「MateView」 の廉価モデルにあたる製品。手頃な価格で便利機能を使いたい人にオススメのモデルだ。

本製品は92%の高い画面占有率を持つ23.8インチのフルビューディスプレイで、左右と上部のベゼルはかなり狭く、没入感のある映像体験を可能としている。

解像度は1920×1080で、リフレッシュレートは75Hz。さらに90% P3や100% sRGBなどシネマレベルの色域に対応していることで、どんな映像も鮮やかに映し出してくれる。

さらに、本製品は白黒で画面を表示する 「HUAWEI eBookモード」 に対応。明るさを抑えつつ文字をくっきり表示することで、文字などを読むときの負担を少なくすることができる。

また、本製品はテュフ ラインランドのアイプロテクションの認証 (低ブルーライト&フリッカーフリー) のほか、P3カラーモード及びHUAWEI eBookモードにおいては、中国標準化研究所(CNIS)とSGSの共同開発規格 「SGS Low Visual Fatigue」 の認証も取得。長時間の作業でも目が疲れにくく、快適だ。

搭載ポートはHDMIとDisplayPortがそれぞれ1ポートずつ。さまざまなニーズに対応できる。

「MateView SE」 には、通常モデルに加えて縦横回転版が用意されており、画面を90°回転させての縦長利用も可能。エクセルやプログラミングコードなど、縦に情報量が多い作業をする人に便利だ。

縦横回転版は100×100のVESAマウント規格にも対応する。通常モデルは非対応のため、モニターアームを使用したい人は縦横回転版を選んでいただきたい。

「MateView SE」 は通常モデルが22,800円、縦横回転版が26,800円 (いずれも税込) 。本日から公式サイトなどで購入が可能だ。

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。