「HUAWEI nova lite 3+」 5月29日発売 GMSに対応。ストレージ容量128GBに増加

5月26日、ファーウェイ・ジャパンは新型スマートフォン 「HUAWEI nova lite 3+」 を今月29日から販売することを発表した。価格は24,800円(税抜)、本日よりAmazonなどの各ストアで購入することが可能だ。

新型スマートフォン 「HUAWEI nova lite 3+」 が5月29日に発売

HUAWEI nova lite 3+」 は、同社のミドルクラススマートフォン 「nova」 シリーズの最新モデルで、2019年に発売した 「HUAWEI nova lite 3」 の後継機種。新型機種だが、GMS (Google モバイルサービス) を引き続き利用することが可能。

また、ストレージ容量が32GBから128GBに大幅に増量されており、写真やアプリなどのデータを本体ストレージに保存することが可能だ。ちなみに外部ストレージ(microSD)も512GBまで対応している。

HUAWEI nova lite 3+」 はいわゆる “しずく型” のノッチを搭載したスマートフォン。画面サイズは6.21インチのFHD+フルビューディスプレイ。画面比率は19.5:9、画面解像度は2,340×1080。

ボディは洗練された3D湾曲デザインとセラミックのような質感のある素材を融合し、手にフィットし、持ちやすい形状に仕上げている。

背面カメラは、1,300万画素レンズと200万画素レンズのデュアル仕様。内向きカメラは800万画素。AIがシーンに適したパラメーターを自動設定。ダブルカメラによりボケ感のある写真や、美しいセルフィ―撮影など、まるでプロのカメラマンが撮影したような高いクオリティの写真が手軽に撮影できる。

生体認証は顔認証と指紋認証センサーが利用できる。指紋は背面にある丸いセンサーに指を置くことでできるようになっていて、素早くスムーズにロックを解除することが可能だ。

内蔵プロセッサはHUAWEI Kirin710 オクタコアCPU。RAM容量は4GB。Wi-Fiは、802.11 b/g/n (2.4GHz) に対応し、Bluetoothは4.2をサポートする。OSはAndroid 9をベースにしたEMUI 9.1。

バッテリー容量は3,400mAh。搭載ポートはmicro-B。デュアルSIMに対応しており、nanoSIMを2枚挿入することが可能だ。

本体カラーラインナップはオーロラブルーとミッドナイトブラックの2色展開。さっそく予約受付が開始されたAmazonではどちらのカラーも予約することが可能だ。価格は価格は24,800円(税抜)。購入は以下から。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。