当メディアはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

ワイヤレスイヤホンを収納できるスマートウォッチ 「HUAWEI WATCH Buds」 5月24日に正式販売開始

▼ iPhone 15/15 Proの予約は公式オンラインショップから!

5月24日、ファーウェイ・ジャパンは都内で新製品発表会を開催。新型スマートウォッチ 「HUAWEI WATCH Buds」 の一般販売を本日から各オンラインストアや家電量販店などで開始すると発表した。

市場想定価格は71,280円(税込)、カラーはカーキのみの取り扱いとなる。取り扱い店舗は以下。

イヤホンを収納できるスマートウォッチ 「HUAWEI WATCH Buds」 一般販売開始

「HUAWEI WATCH Buds」 は、内部に小型のワイヤレスイヤホンを収納できるユニークなスマートウォッチ。

本製品は、2023年3月にクラウドファンディングサイト 「GREEN FUNDING」 で先行販売が実施されていたが、目標を大きく上回る支援額が集まったことを受け、今回正式に販売が開始された形だ。

「HUAWEI WATCH Buds」 の大きな特徴は、本体外側にある物理ケースボタンを押すことでディスプレイ部分が開き、小型のワイヤレスイヤホンを収納できること。文字盤の裏側にマグネットが搭載されており、イヤホンを近づけるだけで簡単に収納することができる。

スマートウォッチ本体は、1300℃で焼成した頑丈なウォッチケースになめらかな3Dカーブドガラスのディスプレイが埋め込まれた、クラシックなデザインが採用されている。

ケースボタンとリューズには、高級時計によく用いられるピラミッドのような鋲が710個ほど細かく格子模様に並ぶ 「クルードパリ加工」 が施されており、宝飾品のような精巧な造りになっているという。

スマートウォッチ内部に収納されるイヤホンは、片方約4g (Mサイズイヤーチップ含む) と非常に軽く、持ち運び時や装着時に負担になりにくい。

また、イヤホンにはアダプティブ・イヤーマッチング・テクノロジー (AEM EQ) が採用されており、左右のイヤホンが同じ形をしているため、左右を気にせず使用できる。

イヤホンはタッチコントロールに対応しているが、イヤホン本体のタッチだけでなく、耳介や耳の前の部分に触れることでも操作が可能。電話への応答や、音声の再生・一時停止などをダブルタップ・トリプルタップで手軽に操作できる。

イヤホン内部には、4つのマグネットと平面振動板ドライバーが搭載されており、幅広い音域で高い解像度を実現。音源に近く、クリアで歪みの少ない音を実現している。また、ユーザーの耳の形や装着状態、音量を自動的に検出し、耳に入る音をリアルタイムに最適化しているとのことだ。

さらに本イヤホンはアクティブノイズキャンセリング機能も搭載しており、静かな環境で音楽を楽しむことができる。周囲の音を取り込む外部音取り込みモードも搭載する。

通話時には、骨伝導センサーとデュアルマイク、ディープニューラルネットワークによるノイズリダクションアルゴリズムにより、周囲のノイズを抑え、使用者の声色を識別・強化することで、クリアな通話を実現する。着信時には、イヤホンを片方装着するだけですぐに通話を始めることが可能だ。

(画像提供:ファーウェイ・ジャパン)

「HUAWEI WATCH Buds」 の発売を記念して、HUAWEI公式サイト限定で、1日先着5名に付け替え用ベルト 「HUAWEI EasyFit」 対象モデルの無料引換券がプレゼントされるキャンペーンが実施される (毎日11:00~翌日10:59支払い完了順でクーポンを配布) 。キャンペーンは2週間の期間限定となるため、購入はお早めに。キャンペーンの詳細は公式サイトから。

「HUAWEI WATCH Buds」 は、本日から販売が開始されており、市場想定価格は71,280円(税込)。各オンラインストアや家電量販店などで購入可能だ。

▼ iPhone 15/15 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。