ファーウェイ、新タブレット 「HUAWEI MatePad 11」 7月23日(金)発売

7月13日、ファーウェイ・ジャパンは国内向け新製品発表イベントを開催。同イベントの中で新型タブレット 「HUAWEI MatePad 11」 を7月23日(金)に発売すると発表した。価格は54,780円(税込)。

さらに同タブレットと組み合わせて使うことができるスマートキーボード 「HUAWEI Smart Magnetic Keyboard」 とスタイラスペン 「HUAWEI M-pencil 2」 も発売予定。価格は 「HUAWEI Smart Magnetic Keyboard」 が15,180円(税込)、「HUAWEI M-pencil 2」 が12,980円(税込)となっている。

新型タブレット 「HUAWEI MatePad 11」 7月23日国内発売

「HUAWEI MatePad 11」 は、ファーウェイの独自OSである 「HarmonyOS 2」 を採用したタブレット製品。アプリはファーウェイ独自のストアからインストールする形式となるが、AndroidアプリのAPKにも対応しており利用することが可能だ。

約10.95インチのIPS液晶 (解像度2560×1600/WQXGA) を搭載し、画面占有率は86%。100%のDCI-P3でシネマレベルの色域表現、そして120Hzの高リフレッシュレートを実現する。

搭載プロセッサはQualcomm Snapdragon 865。メモリ容量は6GB、ストレージは128GBだが、最大1TBのmicroSDカードもサポートする。

本製品には4チャネル4クアッドスピーカーが搭載されている。Harman Kardonのチューニングによるきめ細かく忠実な音が特徴となり、先代モデルからはベースサウンドの強化やサラウンドアルゴリズムが改善されている。

「HUAWEI MatePad 11」 はPCからのミラーリングのほか、PCの画面拡張やモニタへのワイヤレス投影、PCとのシェアリングといったマルチスクリーンコラボレーションが利用可能。画面拡張モードはタブレットをPCの拡張モニターとして利用するモード、シェアリングモードはPCとタブレット間のドラッグ&ドロップでファイル共有を簡単に行える機能になる。

さらに、ファーウェイ独自のスタイラス 「M-Pencil 2」 にも対応した。「M-Pencil 2」 は、従来の六角形デザインをそのままに、角を取り丸みを帯びた形状に進化させることで、快適な使用感をさらに向上させた。高級感あふれるシルバー塗装で新たに耐指紋コーティング処理を施し、快適なグリップ感を実現している。

ペン先は、芯部を光沢のあるニッケル・パラジウムメッキでコーティングし、カバー部分には、透明度の高いソフト PA素材を使用しているため、ペン先が透けて見える。サンドブラスト加工を施した表面は、滑りにくく適度なグ リップ感を実現。筆記具としての機能向上と高級感を両立。

MatePad 11の120Hzリフレッシュレートにより、7msの低遅延を実現。従来よりクイックなタッチが特徴となる。


バッテリー持ちは最大12時間で、各ユースケースごとではローカルビデオ再生やウェブブラウジングで12時間、オフィスワークで10時間とファーウェイは説明している。

そのほか内蔵カメラについては、メインカメラが約1300万画素(AF)、フロントカメラが約800万画素(FF)。Wi-Fi 6とBluetooth 5.1もサポートする。

価格は54,780円(税込)。7月23日(金)に発売予定だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。