ファーウェイ、「P40 Pro」 「P40 lite」 「P40 lite E」 6月12日(金)より国内順次発売

6月2日、ファーウェイ・ジャパンは新型フラグシップスマートフォン 「P40 Pro 5G」 を6月12日に発売することを発表した。価格は108,800円(税別)、AmazonなどのECサイトおよび各家電量販店で販売が開始される。

また、同時にミドルスペックの 「P40 lite 5G」、エントリースペックの 「P40 lite E」 についても、今月19日に発売することをアナウンス。価格は 「P40 lite 5G」 が39,800円(税別)、「P40 lite E」 が24,800円(税別)だ。

HUAWEI P40 Pro

P40 Pro」 は、楕円のパンチホールを画面左上に配したフルベゼルレスデザインを採用したファーウェイの最新スマートフォン。先代のP30 Proはやや小さめのティアドロップ(水滴)型ノッチが端末上部に採用していたが、今回の楕円パンチホールは横広でやや存在があるデザインを採用している。

画面は縦長6.58インチの有機ELディスプレイ(解像度は2,640×1,200ドット、画面のリフレッシュレートは最大90Hz)。画面の四辺は本体側面に向けて滑らかなカーブ(湾曲している)を描く。端末サイズは72.6×158.2×8.95mm、一般的なスマートフォンに比べて端末サイズは大きいが、ラウンドした側面のおかげで手に馴染みやすい設計になっているのが、本機の特徴のひとつ。

背面左上にはP40 Proの最大の特徴となる巨大なリアカメラが配置。カメラユニットは縦に並ぶ3つのカメラ(1,200万画素の光学5倍望遠、5,000万画素の広角、4,000万画素の超広角)、その隣には被写界深度カメラと色温度センサーが搭載されている。

プロセッサは8コア 「HUAWEI Kirin 990 5G」 で、5Gをサポート。RAM容量は8GBで、内蔵ストレージ容量は256GB。SIMカードスロットにHUAWEIの独自SDカード 「NM SD Card」 を挿入すればさらに512GBまでストレージ容量を増やすことができる。

通信周りも最新規格を利用することが可能。Wi-Fiは最新のIEEE 802.11axをサポートし、eSIMにも対応する。

防水仕様はIP68でタフネス仕様。生体認証は、顔認証と画面内指紋認証に対応する。画面内の指紋認証は新しい世代のものになっており、先代モデルに比べて30%ほど読み取りが高速だ。

搭載ポートはUSB Type-C。付属の電源アダプタを利用することで最大40Wの出力が可能だ。また、背面にワイヤレス充電機能が搭載されているため、ワイヤレス充電器の上に置くことで最大27Wで充電することもできる。

スマートフォンとしては業界最高レベルの性能を誇る 「P40 Pro」 だが、米国から禁輸措置を受けている影響でGoogleが提供する 「Google Mobile Services(GMS)」 を搭載できず、「P40 Pro」 はGoogleの一部サービスが利用できないので、その点には注意が必要だ。

カラーラインナップはシルバーフロストとブラックの2色展開。国内での販売価格は108,800円(税別)で、AmazonなどのECサイトや各家電量販店で販売される。Amazonでは以下のリンクから購入が可能だ。発売は6月12日(金)を予定している。

HUAWEI P40 lite 5G

P40 lite」 は、P40シリーズの中でもミッドレンジモデルにあたる製品。約6.5インチのTFT液晶ディスプレイを搭載し、画面解像度は2400×1080ピクセル。

背面にはクアッドカメラが搭載されており、レンズ構成は広角(6400万画素)・超広角(800万画素)・マクロ(200万画素)・被写界深度(200万画素)となっていて、ミッドレンジモデルでありながら960fpsのスローモーション動画や4K動画、タイムラプスなど多彩な写真・映像を撮影することができる。

プロセッサにはフラグシップモデルに匹敵する 「Kirin820 オクタコア」 が搭載、RAM容量は6GB、ストレージ容量は128GBとなっている。

ちなみに、「P40 lite 5G」 も 「P40 Pro」 と同様にGoogleのサービスを利用できないが、ファーウェイが提供する独自のアプリストア 「App Gallery」 を利用することで一部のサードパーティアプリをダウンロードすることは可能だ。

市場想定価格は39,800円(税別)で、発売は6月19日を予定。本体カラーはスペースシルバー・クラッシュグリーン・ミッドナイトブラックの3色が用意されている。

HUAWEI P40 lite E

P40 lite E」 は2019年8月に発売した 「P30 lite」 の後継機で、P40シリーズの中でもエントリーモデルとしての位置付けのスマートフォン。パンチホール式の6.39インチディスプレイ搭載したモデルだ。

背面カメラは約4800万画素(f/1.8 メインカメラ)、800万画素(f/2.4 120° 超広角カメラ)、200万画素(f/2.4 被写界深度カメラ)のトリプルレンズ仕様。インカメラは800万画素のものが採用されている。

生体認証は、顔認証と背面の指紋センサーの2種類。背面の指紋センサーはわずか1秒で読み取ることが可能だ。

内蔵チップセットはHUAWEI Kirin 710F SoC。RAM容量は4GB、ストレージ容量は64GB。内蔵バッテリーは4,000mAhで長時間の駆動が可能。

ちなみに、「P40 lite E」 も 「P40 Pro」 と同様にGoogleのサービスを利用できないが、ファーウェイが提供する独自のアプリストア 「App Gallery」 を利用することで一部のサードパーティアプリをダウンロードすることは可能だ。

カラーラインナップはオーロラブルーとミッドナイトブラックの2色展開。国内での販売価格は24,800円(税別)、AmazonなどのECサイトや各家電量販店で販売される。Amazonでは以下のリンクから購入が可能だ。発売は6月19日を予定している。

関連記事
HUAWEI P40 Pro レビュー | カメラ性能に特化したHUAWEI最新スマホ、その実力は?
HUAWEI 「FreeBuds 3」 レビュー | アクティブノイキャン付きおうどん型完全ワイヤレスイヤホン

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。