Hulu、1,700万人の定期購読者を獲得、2016年から500万人増加 売上は初の10億ドル超え

動画配信サービス「Hulu」は、同サービスの現在の定期購読者数を発表した。同社の発表によれば、2017年の定期購読者数は1,700万人を超えたとのこと。2016年3月の発表時点で1,200万人だったことから、約500万人(40%強)ほど定期購読者数が増えた計算になる。

また、売上も初の10億ドル(約1120億円)を達成。加入者の増加は、当然ながら売上増加に貢献している。ちなみに、昨年のUU(ユニークユーザー)数は5,400万人に達したとのこと。

 

Huluの定期購読者に貢献したのは、「ハンドメイズ・テイル / 侍女の物語」。ゴールデングローブ賞でテレビシリーズ/ドラマ部門の作品賞と主演女優賞を受賞した同作を見るために加入したユーザーが多かったようだ。

ちなみに、これまで「Hulu」は映画会社4社で共同保有されてきたが、2017年12月にディズニーが21世紀フォックスと一部資産の買収に合意したことから、ディズニーの保有株数は27%から半数を超える58%になる予定。Huluは、初めて1社による経営にシフトする。

経営権が1社に委ねられることによって、今後のサービスのあり方は変化を見せるかもしれない。それに伴い、ディズニーのコンテンツがHulu経由で提供されることになれば、ユーザー数はさらなる伸びを見せる可能性もある。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「iMac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via TechCrunch ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。