Hyper、新型iPad Pro用のUSB-Cハブを発表 HDMIやUSB-Aポート、ヘッドホン、SDカードスロットを増設可能

Appleが10月30日に発表した新型iPad Proは、ベゼルレスになり、ホームボタンが廃止、Face IDが搭載されるなど従来モデルから大きな変化があったが、さらに大きなインパクトを与えたのが外部ポートがLightningからUSB-Cに変更になったことだ。

このUSB-Cポートをさらに拡張し、HDMIポートやUSB-Aポート、SDカードスロットに加えて、廃止されてしまったヘッドホンジャックまでもを増設することができるUSB-CハブをアクセサリメーカーのHyperが発表している。

新型iPad Pro向けUSB-CハブがHyperから登場

Hyperが発表した新型iPad Pro用のUSB-Cハブは、見た目はMacBook向けに作られているUSB-Cハブに似ており、iPad Pro本体のUSB-Cポートに差し込んで使う。

11インチ/12.9インチの両方に対応しており、冒頭でもお伝えしたように4Kに対応したHDMI、USB-A、SD・microSDカードスロット、3.5mmヘッドホンジャックを拡張することができるという。もちろん、充電用のUSB-Cポートも用意されている。

また、Apple純正のキーボード兼保護スリーブの 「Smart Keyboard Folio」 や、保護スリーブの 「Smart Folio」 を装着した状態でも邪魔にならずに装着することが可能だ。

Hyperは同USB-Cハブを来月リリースする予定で、製品ページでメールアドレスを登録することで通知を受け取ることができるほか、製品を半額の49ドルで購入することができると案内している。カラーはシルバーとスペースグレイの2種類が用意され、通常価格は99ドルになる予定だ。

日本で購入できるようになるのはもう少し先になりそうだが、もしすぐに欲しいのであればメールアドレスを登録して安く購入してみてはどうだろうか。製品の詳細はHyperの公式ページからどうぞ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iPad」製品をチェック
 ・iPad Pro (11インチ / 12.9インチ)
 ・iPad Pro (10.5インチ)
 ・iPad (9.7インチ)
 ・iPad mini 4
▶︎ Apple公式サイトで「iPadアクセサリ」をチェック
 ・Apple Pencil (第2世代) / Apple Pencil (第1世代)
 ・ケース&プロテクター / イヤホン / その他
▶︎ 「iPad」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。