4,000万件分のiCloudアカウント情報が漏洩?パスワードが悪用され「身代金」が要求されたケースも

key

まだAppleから公式な発表は行われていないようだが、心配な方はパスワードの変更や二段階認証を導入をしておこう。

Appleのクラウドサービス「iCloud」のアカウント情報が4,000万件分漏洩した可能性があり、現在までに実際にパスワードが悪用されたケースが報告されていることが明らかになっているので、詳細をお伝えする。

iCloudのパスワードを利用して端末を紛失モードにし、身代金を要求

CSO Onlineとアンチウイルスソフトメーカーの「Kaspersky」によると、「iCloud」のアカウント情報が少なくとも4,000万件分漏洩した可能性があり、実際にパスワードを悪用してAppleの端末をロックし、身代金を要求するというケースが報告されているようだ。

報告されているケースでは、犯人はiCloudのパスワードと「iPhoneを探す」アプリを使ってApple端末を「紛失モード」と呼ばれるロック状態にし、こちらがアクセスできないようにしたのちに、端末のロックを解除するために30ドル~50ドル(日本円で3,000円から5,000円ほど)の身代金を払うように要求されるとのこと。

身代金の要求はすべてロシア語で行われていることから、おそらく犯人はロシア語圏に住んでいる可能性が高いとされている。ちなみに、日本での被害はまだ報告されていないようだ。

iCloud

パスワードの悪用に関しては、iCloudのパスワードを変更したり、二段階認証を導入することで防ぐことが可能となっているので、心配な方は対策をしておくと良いだろう。また、iCloudメールとiCloudアカウントと同じパスワードを利用している他サービスがある場合は、そちらのパスワード変更や二段階認証をお忘れなく。

iCloudのパスワードを変更するには、Apple公式サイトのこちらのページからログインし、「パスワードを変更」で変更が可能。「2ステップ認証」部分で二段階認証の設定をすることもできる。

この件について、現段階ではApple側からのコメントはないが、これほどの数のアカウント情報が漏洩してしまったのであれば何かしらのアクションがあるはず。特にAppleはセキュリティ関係にはかなり重点を置いており、このまま放置ということは絶対にしないと思うので、今後の情報に注意しておこう。

[ via GIGAZINE ]

iCloud
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう