iFixit、Apple Watch Series 4の分解レポートを公開 バッテリー容量が20%減少

数多の製品を丁寧に分解してきたことで有名なiFixitが、先日発売したばかりの「Apple Watch Series 4」を分解し、その際のレポートを公開した。

今回、iFixitの手によって分解されたのは「Apple Watch Series 4」の44mmモデル。

「Apple Watch Series 4」は本体デザインが大きく変わったため、内部の設計も大幅に変更されている模様。背面のセンサーも構造が従来から大きく変わっていることもお分かりいただけると思う。

Apple Watch Series 4」のバッテリー容量は1.12Wh。前モデルの「Apple Watch Series 3」のバッテリー容量が1.34Whだったため、約20%ほどバッテリー容量が減少したことになる。また、内蔵されているTaptic Engineも薄くなる代わりに、やや長くなっているという。

iFixitは分解と同時に「修理のしやすさ」を示すリペアスコアを公開しているのだが、今回は10点中のうち6点とやや修理しやすくなっている。ケースを開封さえできれば、バッテリー交換がしやすくなっていることを評価した結果のようだ。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 4
 ・Apple Watch Nike+ / Apple Watch Hermès
 ・Apple Watch Series 3
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。