iFixit、「iPhone 12 / 12 Pro」 の分解レポートを公開。内部構造はどちらもほとんど同じ

10月23日に発売を迎えた 「iPhone 12」 「iPhone 12 Pro」 について、Apple製品の分解に定評のあるiFixitが分解レポートを公開している。

「iPhone 12 / 12 Pro」 の分解レポートが公開

「iPhone 12 / 12 Pro」 はどちらも同じ6.1インチのディスプレイが搭載されており、端末サイズも全く同じであることが判明しているが、iFixitによれば内部構造もほとんど同じになっているという。

驚きなのは、「iPhone 12」 と 「iPhone 12 Pro」 とでディスプレイを交換しても互換性があるということ。両モデルのディスプレイは最大輝度こそ若干異なるものの、同じサイズ、同じ有機ELディスプレイであるからこそ互換性があるものと考えられる。

大きな違いがあるのはカメラ部分。「iPhone 12」 はデュアルレンズカメラが搭載されているのに対して、「iPhone 12 Pro」 はトリプルレンズカメラとLiDARスキャナが搭載されている。「iPhone 12」 は望遠レンズとLiDARスキャナの分のスペースが空いてしまっているため、その部分にプラスチック製のスペーサーが搭載されていることが確認できる。

バッテリー容量はどちらも同じ2,815mAhとなっていて、ディスプレイと同様、「iPhone 12 / 12 Pro」 同士で互換性があることが確認されている。

そして、上記画像の部品が 「MagSafe」 アクセサリをサポートするためのマグネットと15W高速ワイヤレス充電用のコイル。マグネットによって充電器の正しい位置にiPhoneを固定し、効率よくワイヤレス充電ができるようになっている。

恒例の修理のしやすさを表すリペアスコアは10点満点中の6点。ほとんどの重要な部品がモジュール式になっていてアクセス・交換しやすいことが良い点としてあげられている。

悪い点としては、前面と背面にガラスが採用されていて落下による破損が起こりやすいことが挙げられている。もし背面ガラスが破損した場合は、全ての部品を取り外し、シャーシ全体を交換する必要があるとのことだ。

関連記事
iPhone 12 Pro レビュー | カックカクな新デザイン採用の新型5Gモデル。その魅力とイマイチなところを検証
iPhone 12 全種類の性能・違いを比較。iPhone 12 mini/12/12 Pro/12 Pro Max、オススメのモデルは?

▶︎ iPhone 12/12 Proの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。