iFixit、「Mac mini (2018)」 の分解レポートを公開 分解のしやすさは10点満点中6点

11月9日、新製品を丁寧に分解することで有名なiFixitは、4年ぶりのアップデートとなった 「Mac mini (2018)」 の分解レポートを公開した。

Mac mini (2018)は分解が容易で、RAMへのアクセスも良好

iFixitが分解したのは、11月7日に発売したばかりの 「Mac mini (2018)」 の最小構成モデル。底面カバーを外し、6つのネジを緩めれば中を開けることができるようだ。

内部中央にはファンが配置されており、これを取り外したのちにロジックボード全体を指でググッと押し出すようにすることでロジックボードを取り外すことが可能。ロジックボードには金属製のケージが取り付けられており、このケージを取り外すことでRAMにアクセスできるようになっているとのこと。

Mac mini (2018)のRAMはユーザーの手でアップグレードすることが出来ると話題になっているが、確かに取り外しはそこまで難しくなく、知識があれば簡単にできそうな印象だ。

その他、ロジックボードにはT2チップやプロセッサ、グラフィックチップ、SSD、Thunderbolt 3コントローラーなど様々な部品が取り付けられている。こちらはしっかりとはんだ付けされているため、アップグレードするのは難しそうだ。

恒例の修理のしやすさを表すリペアスコアは10点満点中の6点となかなかの高得点。一般的な工具で分解できることや、知識さえあれば自分でRAMをアップグレードすることが出来ることなどが高評価につながったようだ。ただし、プロセッサやストレージ、外部ポートははんだ付けされてしまっているため、修理やアップグレード時にはロジックボード全体を交換する必要があることがマイナス評価となった。

分解レポートの詳細はこちらから全文が確認可能。気になる方はぜひ読んでいただければと思う。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。