IIJ、eSIM正式プラン 「IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ」 3月19日から提供

3月17日、インターネットイニシアティブはeSIM対応のデータ通信サービス 「IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ」 を発表した。同プランは今月19日より提供開始される。

「IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ」 が3月19日から提供開始

「IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ」 は、IIJが提供するeSIMサービス。同社は2019年7月よりeSIMサービスのβ版 「ライトスタート」 (6GB) を月額1,520円(税別)で提供していたが、その正式サービスとなるのが今回発表された 「IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ」 になる。

eSIM

スマートフォンなどの端末に物理的なSIMカードを抜き差しせず、通信サービスの利用に必要な加入者情報 (プロファイル) を遠隔で書き込める組み込み型のSIM。従来のようにSIMカードを挿入することなく、eSIMを搭載したスマートフォンやタブレット等にプロファイルをダウンロードするだけで、手軽にデータ通信を開始したり、通信キャリアを切り替えることができる。

「IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ」 は最安150円だが、データ通信をするにはチャージが必要。チャージは1GB単位となっていて、毎月1回目(1GBまで)は300円、2回目(2GB~)以降は450円に設定されている。

もし1GBの通信をする場合は、月額料金の150円にデータチャージの300円が加算されて計450円(税別)。3GBの通信をする場合は月額料金の150円に加えて、データチャーの300円+450円+450円が加算され、計1,200円(税別)となる。チャージしない月は、月額料金の150円(税別)のみがかかるとのこと。

チャージしたデータ量はその月まで利用できるため、翌月への繰り越しはない。初期費用は3,000円、別途SIM発行手数料200円が必要。

料金 初期費用 3,000円
月額利用料 150円
SIM発行手数料 200円
SIM再発行手数料 0円
ユニバーサルサービス料 なし
データ通信 バンドルクーポン (高速データ通信量) 0GB
データ通信量の追加 可 (1GB単位)
eSIM専用データ(クーポン)料金 毎月1枚目(1GB) 300円
2枚目以降(2GB〜) 450円
eSIM専用データ(クーポン)有効期限 当月末まで
(翌月繰越はできません)
データ通信量超過後 通信不可
最低利用期間 契約日から翌月末まで(最大2ヶ月)
利用可能オプション 「モバイルオプション」 (セキュリティ対策や留守番電話などのアプリ群)

また、以前の 「ライトスタート」 では、他のスマートフォンでeSIMを利用する際、SIMの発行手数料2,000円が都度必要だったが、今回の 「IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ」 ではその費用はゼロ円になっている。

ちなみに、ライトスタートをすでに利用しているユーザーが 「IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ」 に移行するためには、一度解約し改めて契約する必要があるとのことだ。

eSIMサービス 「IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ」 が利用できるスマートフォンは、iPhone XS/XR以降のiPhoneやGoogle Pixel 4など。スマートフォン以外ではiPad ProやiPad mini(第5世代)、MicrosoftのSurface Pro LTE Advanced、Surface Pro Xなどが対応する。

提供は3月19日から。申し込みは公式サイトから可能だ。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。