21.5インチiMacのCTOオプションから512GB/1TB SSDが廃止

21.5インチiMacのCTOオプションとして用意されている512GB・1TBのSSD。先月末頃からたびたび注文できなくなっていたが、ついに本日から正式に注文することが不可能になった。

現地時間20日、米AppleはApple公式サイトのiMacの販売ページにおいて、ストレージオプションから512GB・1TBのSSDを削除。現在は256GBのSSDと1TBのFusion Driveしか選択することができなくなっている。

21.5インチiMacで512GB/1TB SSDが選択不可に

iMacには21.5インチモデルと27インチモデルの2種類が存在するが、今回一部ストレージオプションが廃止されたのは、このうち21.5インチモデルの方。先月26日に発見され話題になり、今月4日にAppleInsiderがこれらのストレージを搭載したモデルの生産停止を伝えていた。

なぜAppleが生産を停止したのかは不明だが、まだiMac 21.5インチモデルの256GB SSDモデルや1TB Fusion Driveモデルが購入できることから、この動きは次期iMacのアップデートに関係したものではないかと予想されている。

次期iMacについては、デザインが刷新され、Apple Siliconの搭載により性能が大幅に向上すると噂だ。著名リーカーJon Prosser氏からの情報ではiPad Air(第4世代)と同じ5色のカラーラインナップが用意される可能性がある。

現時点では次期iMacの登場は2021年後半との予想が主流だが、23~24インチの画面を搭載したコンパクトモデルが先行して2021年前半に発売する可能性があるとも噂されている。

関連記事
新型iMacは全5色のカラーラインナップが存在か。新型Mac ProはMac miniを3~4台積み上げた形に?
21.5インチiMacの一部モデル、生産停止の可能性あり。次期iMac登場に関係した動きか

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac
 ・24インチiMac
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。