iMac 27インチ(5K, 2020)のベンチマークスコアが明らかに 標準構成モデルは先代に比べて1.2倍高速化

昨日発売した新型27インチiMacこと 「iMac (Retina 5K, 27-inch (2020)」 のベンチマークスコアが明らかに。

Macお宝鑑定団Blog(羅針盤)が8月6日、「iMac (Retina 5K, 27-inch (2020)」 のベンチマークスコアを計測し、公開している。また、筆者も独自で入手したモデルについては自らベンチマークスコアを計測してみたため、当記事でそれらを紹介したい。これから新型iMacを購入しようと考えている方はぜひ参考にしていただきたい。

「iMac (Retina 5K, 27-inch (2020)」 のプロセッサのベンチマークスコアが判明

iMac (Retina 5K, 27-inch (2020)」 に搭載されているプロセッサのベンチマークスコアは以下のとおり。

新旧モデル比較
製品名 発売年 プロセッサ シングルコア
スコア
マルチコア
スコア
iMac (Retina 5K, 27-inch) 2020 Core i5-10500
(3.1GHz)
1090 5688
Core i5 (3.3GHz) 調査中 調査中
Core i7-10700K
(3.8GHz)
1340 7643
Core i9 (3.8GHz) 調査中 調査中
2019 Core i5-8500
(3.0GHz)
1082 5288
Core i5-8600
(3.1GHz)
1063 5307
Core i5-9600K
(3.7GHz)
1214 5387
Core i9-9900K
(3.6GHz)
1261 8959

iMacには6コアプロセッサ(3.1GHz/3.3GHz)搭載モデル、8コアプロセッサ搭載モデルの3種類が用意されており、最上位モデルについてはCTOオプションで10コアプロセッサを搭載することが可能。つまり全部で4種類のプロセッサが用意されていることになる。

このうち現時点で明らかになっているベンチマークスコアは、一番下のモデル構成(6コアプロセッサ/3.1GHz)、そして最上位のモデル構成に搭載されている8コアプロセッサのみとなるが、いずれも先代モデルから性能が向上していることがわかる。

特に一番下のモデルに限定すれば、先代モデルに比べて1.2倍近く性能が上がっていることがわかる。

そしてMacお宝鑑定団Blog(羅針盤)によれば、GPU性能は最も下のモデル同士で比較しても約1.4倍性能が向上しているとのこと。AppleはiMacについてCPU・GPUともに性能が向上したことを強調していたが、それは事実のようだ。詳細はMacお宝鑑定団Blog(羅針盤)の記事をご覧いただきたい。

新型iMacについては昨日からApple公式サイトおよびApple Storeなどで販売が開始されている。価格は194,800円(税別)~。以下のリンクから購入可能だ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「iMac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

関連記事
【2020年最新】iMac 全機種の性能・スペック比較。4K(21.5インチ)・5K(27インチ)、iMac Pro、あなたにピッタリなモデルはどれ?
「iMac (Retina 5K, 27インチ, 2020)」 はユーザーの手によるメモリ交換が可能。メモリ規格詳細も明らかに

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。