MacへのFace ID・セルラー通信機能の搭載が計画中。iMacへのFace ID搭載は来年以降のデザイン変更で実現か

MacにFace IDとセルラー通信機能が搭載されること。これは多くのユーザーにとって大きな “夢” であるわけだが、いよいよその夢が現実のものになろうとしている。

Appleは一部のMacにFace IDとセルラー通信機能を搭載することを計画している。米メディアBloombergのMark Gurman氏が現地時間22日に報じた。

MacへのFace ID・セルラー通信が近い将来に実装か

Mark Gurman氏によると、AppleはFace IDとセルラー通信の両方をサポートするシステム基盤を開発。これらの機能はMacにもたらされる予定だという。

しかし、今年発売する予定と報じられる新型iMacには搭載されない見通し。当初は今年発売予定の新型iMacにFace IDが搭載される予定だったというが、Mark Gurman氏によれば、(理由は不明だが) その可能性は低くなっているとのこと。Face IDがiMacに搭載されるのは、その次のメジャーアップデートモデルということになりそうだ。

セルラー通信機能がどのモデルに搭載されるかについてMark Gurman氏は直接的に言及していないが、同機能の性質を考えるとおそらくMacBook ProやMacBook Airに搭載される予定なのではないだろうか。

ちなみに次期iMacに関する情報が最近になって多くなってきたため、ここでいま一度、これまで報じられてきた次期iMacの関する情報をまとめておこう。

次期iMacは、Apple純正の外部ディスプレイ 「Pro Display XDR」 のような狭いベゼルが採用されていて、これまでiMacの下部にあった “あご” 部分が取り除かれる予定。現在iMacの背面は流線型のデザインが採用されているが、次期モデルでは平らなデザインになる。

ラインナップは2モデル。21.5インチモデルと27インチモデルを置き換える形だ。どちらもApple Siliconを搭載することで性能の大幅な向上が見込まれている。

登場は2021年春~2021年後半と報じられているが、2021年後半に発売との見方が強い。

関連記事
次期MacBook ProはMagSafe復活、Touch Barが廃止。フラットエッジ・デザイン採用へ~高い情報精度を誇るアナリスト報告
ハイエンドなMacBook Airが2021年後半〜2022年に登場か。狭ベゼルデザイン、MagSafe復活へ
iMac 27インチ(5K, 2020) レビュー | Intelプロセッサ搭載の最新iMac、どんなユーザーにオススメ?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。