iMacに出荷遅れが発生中。お届け予定日が 「WWDC20」 以降に 新モデル登場は近い?

Appleは6月22日開催の 「WWDC20」 でiMacの新モデルを発表する可能性があると複数の著名リーカーが伝えているが、やはりそれは事実なのかもしれない。

MacRumorsによると、現在Apple公式サイトでiMacの27インチモデルに出荷遅れが発生しており、現在注文するとお届け予定日がWWDC20以降になってしまうことがわかった。

iMacの27インチモデルに出荷遅れが発生中

MacRumorsの言うとおり、27インチiMacは出荷遅れが生じている。遅れは米国だけでなく日本を含めた全世界的に発生しており、日本の公式サイトをチェックすると、本日注文分のお届け予定日は6月26日~7月3日と表示されていて、WWDC20までに入手することができない状態だ。

これは新型iMacが登場するという噂の裏付けになるかもしれない。もしかすると新型iMacがWWDC20で発表されることも考えられるのではないだろうか。

ただし、Apple製品の出荷遅れはたびたび発生しており、必ずしも新モデルの登場を裏付けるものとは限らない。iMacに関しては実は今年4月前半頃から出荷遅れが発生していた。単に新型コロナウイルスによるテレワークの増加で需要が増加していた可能性や、部品の出荷に遅れが発生していたためとも捉えることができる。

果たしてこの出荷遅れは新型モデル登場の兆候なのだろうか。それともテレワーク需要などでiMacを購入するユーザーが増えているだけなのだろうか。真相はWWDC20で明らかになるだろう。

ちなみに、出荷遅れが発生しているのはiMacの27インチモデルのみで、21.5インチモデルについては通常通りの出荷となっている。

関連記事
iMacとAirPodsの新型モデルの登場は近い。著名リーカーJon Prosser氏が伝える
次期iMac、WWDC20で発表?iPad ProとPro Display XDRに近いデザインを採用、Fusion Driveは廃止か?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。