21.5インチiMacの一部モデル、生産停止の可能性あり。次期iMac登場に関係した動きか

先日、iMac 21.5インチモデルの一部在庫が世界的に注文不可になっていることをお伝えした。当初は一時的な在庫不足によるステータス変化と予想されていたが、実際には当該モデルの生産停止を受け、恒久的に注文できなくなった可能性があることが判明した。米Apple系メディアAppleInsiderが伝えている。

21.5インチiMacの256GB・1TB SSDモデルは生産停止の可能性あり

現在、Apple公式サイトでは21.5インチiMac (4Kディスプレイモデル) の内蔵ストレージ容量を512GBもしくは1TBのSSDに変更し購入しようすると、配送ステータスが 「現在注文できません」 となり、購入できない状態となっている。

一部モデルが購入できなくなっている理由について、AppleInsiderは一部モデルの生産停止の可能性を指摘している。同メディアは、Appleのサプライチェーンに精通する情報筋から、AppleがiMac 21.5インチモデルの512GB/1TBストレージ容量モデルの生産を停止したという情報を入手したという。

なぜAppleが生産を停止したのかは不明だが、まだiMac 21.5インチモデルの256GB SSDモデルや1TB Fusion Driveモデルが購入できることから、この動きは次期iMacのアップデートに関係したものではないかとAppleInsiderは伝えている。

次期iMacについては、デザインが刷新され、Apple Siliconの搭載により性能が大幅に向上することに加えて、著名リーカーJon Prosser氏からの情報ではiPad Air(第4世代)と同じ5色のカラーラインナップが用意される可能性があると伝えられている。現時点での情報では、次期iMacの登場は2021年後半になることが予想されているものの、23〜24インチの画面を搭載したコンパクトモデルが先行して2021年前半に発売する可能性があるとも予想されている。

関連記事
21.5インチiMacの一部ストレージ容量が注文不可に。一時的な品切れの可能性が高いが新型モデル登場の予兆とも話題に
新型iMacは全5色のカラーラインナップが存在か。新型Mac ProはMac miniを3~4台積み上げた形に?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。