「iMac 27インチ(5Kモデル) 2019/2020」 に最適なメモリを徹底調査 増設・交換にオススメなメモリは?

2019年4月に発売した 「iMac(Retina 5K,27インチ,2019)」 と、2020年8月に発売した 「iMac(Retina 5K,27インチ,2020)」 は、ユーザーがアクセスできるSO-DIMMスロットが用意されているおかげで、どちらのモデルもユーザー自身が好きなようにメモリの増設・換装をすることが可能だ。

購入時にCTOオプションでメモリを増設することもできるが、実際にこの方法でメモリ増設するとなると高価になりがち (AppleのCTOオプションが高価)。しかし、ユーザーが自らメモリを購入し自身の手で増設・換装すると、なんと半額近い値段でメモリ増設できる。

というわけで当記事では 「iMac(Retina 5K, 27インチ, 2019)」 「iMac(Retina 5K, 27インチ, 2020)」 に最適なメモリを調べてみた。また、増設する方法についても記事下で解説しているため、もしiMacのメモリ増設・換装を考えているのなら当記事を参考にしていただければ幸いだ。(最終更新:2020年8月25日)

ちなみに、21.5インチの画面を搭載した 「iMac Retina 4Kディスプレイモデル」 についてはメモリの増設・換装はできないため、購入する段階でメモリ増設のカスタマイズをすることをぜひお忘れなく。

関連記事:iMac 27インチ5Kモデル(2019) レビュー | iMacは一体何ができるの?どんな人にオススメか徹底解説

iMac 27インチ(5K, 2019/2020) のメモリ規格

どのメモリが適しているかを紹介する前に、まずは 「iMac 27インチ(5K, 2019/2020)」 がサポートするメモリの規格について確認しておこう。

Apple公式サイトの 「iMac – 仕様」 ページによると、「iMac 27インチ(5K, 2019/2020)」 はおなじ2,666MHz DDR4メモリ(SO-DIMM) をサポートしている

規格詳細は以下。参考までに、これは昨年10月に発売した 「Mac mini (2018)」 のメモリ規格と全く同じものになる。

  • PC4-21333 (PC4-21300)
  • DDR4 SDRAM 2,666MHz
  • 260ピン
  • バッファなし
  • パリティなし

難しい用語が並んでいるように感じるかもしれないが、要は上記規格に適合するメモリを購入すれば増設・換装が可能ということになる

ちなみに、2017年に発売した 「iMac 27インチ(5K, 2017)」 がサポートするメモリ規格はPC4-19200/2400MHz DDR4 SO-DIMM(260ピン) だったため、同モデルで使用していたメモリは 「iMac 27インチ(5K, 2019/2020)」 にも理論上使い回すことができるはず。

ただしそれをすると最新iMacの最大動作クロック数(2,666MHz)が活かせないため、もし新しくメモリを購入するつもりなのであれば 「iMac 27インチ(5K, 2019/2020)」 のメモリ規格に合致したものを購入した方がより高いパフォーマンスを得ることができるはずだ。

「iMac 27インチ(5K, 2019/2020)」 に最適なメモリは?

メモリの規格が確認できたと思うので、次は実際にメモリを選びに行こう。

基本的に上記の規格に合うものであればどれを購入しても良いのだが、iMacはデュアルチャネルをサポートしているので、同じ規格・同じ容量のメモリを2枚1組で使用することで、より高いパフォーマンスを発揮できる。せっかく増設するなら、同じ規格・容量のメモリを2枚購入するか、最初から2枚セットになった製品を購入したほうがいいだろう。

iMac 27インチ(5K, 2019/2020)」 には最大4つのスロットが用意されているため、最大2セット (2枚+2枚=4枚) の構成でメモリを組むのがオススメ。

たとえば8GBのメモリを4枚挿すと、合計メモリ容量は32GBとなる。もし、あなたがiMac購入時に最少の8GB (4GB+4GB)で購入したのなら、別途8GBのメモリを2枚買うことで、4GB+4GB+8GB+8GBの合計24GBにすることもできるだろう。メモリの組み合わせは様々だ。

iMac 27インチ(5K, 2019/2020)」 のメモリ最大容量は128GB。2019年モデルについては、Appleは64GBまでサポートするとしていたが、OWCの検証によって 「iMac 27インチ(5K, 2019)」 でも128GBまで読み込めることが確認できている。

これらの規格に適合するメモリは次の項目であげる製品になる。紹介するのはAmazonで出品されている中で良さそうなもの (最終更新:2020年8月25日) を選択したものになるが、どれも信頼できるメーカーが製造しており、ほとんどが永久保証を謳っているため品質については安心できるだろう。

注意) 「iMac 27インチ(5K, 2020)」 は、初期搭載メモリ(SK Hynix製)と他メーカーのメモリを混在させると、クロック周波数が2,133MHzに下がってしまうことがあることが筆者の検証によって判明している。

しかし、iMac(2020)の仕様としてメモリスロット3段目、4段目に標準搭載メモリを挿入し、1段目、2段目に自身で購入したメモリを挿入することで最大クロック数2,666MHzでの動作が可能であることも検証から明らかになっているため、もし自ら購入したメモリを挿入して2,133MHzに下がってしまったなら上記の方法を試みることをオススメする。

ちなみに筆者の環境では以下のTimetec Hynixのメモリを購入したところ、最大クロック数2,666MHzとなった。もし初期搭載メモリ(SK Hynix製)に追加する形でメモリを増設しようと考えている場合は、以下のTimetec Hynix製のメモリを購入してみてはどうだろうか。

64GBにしたい方は以下のメモリがオススメだ。

追記まれに初期搭載メモリに、Micron製のものが使用されるケースがあることが当サイト宛に寄せられた報告から明らかになった。もしMicron製のメモリが挿入されていた場合はMicron製のメモリを購入してみてはどうだろうか。

規格に適合するメモリの価格一覧

メモリ容量 枚数 価格 メーカー名(商品リンク)
4GB 1枚 3,600円〜7,800円 Crucial
iRam
2枚セット 15,300円前後 iRam
8GB 1枚 3,700円〜11,200円 Timetec Hynix IC
Transcend
Crucial
OWC
iRam
2枚セット 6,900円〜22,000円 Timetec Hynix IC
v-color Hynix IC
Crucial
Kingston ”HyperX Impact”(CL値に注意)
Samsung
iRam
4枚セット 22,200円前後 Timetec Hynix IC
16GB 1枚 6,700円〜18,900円 Crucial①
Timetec Hynix IC
Crucial②
CORSAIR(CL値に注意)
OWC
iRam
2枚セット 13,000円〜36,900円 Team
v-color Hynix IC
Crucial
Kingston ”HyperX Impact”(CL値に注意)
iRam
4枚セット 27,600円〜44,200円 v-color Hynix IC
Timetec Hynix IC
32GB 1枚 14,960円〜54,646円 Timetec Hynix IC
iRam
2枚セット 32,180円〜45,500円 v-color Hynix IC
Samsung
【注意①】上記表のCORSAIRとKingstonのメモリは、iMacの初期搭載メモリとレイテンシが異なるため、この2社のメモリを購入する場合は同一メモリのみで統一することをオススメします。
【注意②】iMac 5K(2020)は初期搭載メモリ(SK Hynix製もしくはMicron製)と他のメモリを混在させると、クロック周波数が2,133MHzに下がってしまうことがあります。基本的には初期搭載メモリがSK Hynix製だった場合はTimetec Hynix製のメモリを購入する、もしくは初期搭載メモリがMicron製だった場合はMicron製のメモリを別途購入するのがオススメですが、もしそれでクロック数が下がってしまう場合は(上記のとおり)メモリの挿入する位置を変更するか、(クロック数を下げない&デュアルチャネルを生かしたい場合は)初期搭載メモリを外して自ら購入したメモリを挿入する必要があることに注意が必要だ。

オススメのメモリ (筆者も使用)

筆者は 「iMac 27インチ(5K, 2019)」 用にCrucial(Micron製)の16GBメモリを2枚、「iMac 27インチ(5K, 2020)」 用にTimetec Hynix ICの16GBメモリを2枚購入してみた。

購入時のCTOオプションを利用せず、最少の8GBで注文したため、新しく購入したメモリを加えることで合計40GB(4GB+4GB+16GB+16GB)になる予定だ。40GBもあればメモリ容量が不足することはほとんどないだろうが、もし将来的に不足を感じるようになったらさらに大容量のメモリを追加する予定。

ちなみにiMac用のメモリといえば安心と信頼のiRam製メモリが有名だが、2020年モデルに関しては購入時点で搭載されてきたメモリと違うメーカーのメモリを混載させるとクロック数が下がってしまう現象が確認されている。もし2020年モデルでiRam製のメモリを使いたい場合は、初期搭載メモリを使わず、4枚すべてをiRam製で揃えることをオススメする。

iMacのメモリの増設・換装方法については別記事 「iMac (27インチ)」 のメモリを増設・換装する方法 ~画像付きで手順や注意点を解説」を公開したのでこちらをご覧いただくか、以下でも紹介しているため、気になる方はぜひご覧いただきたい。

実際にメモリを増設・交換してみよう

iMac 27インチ(5K, 2019/2020) のメモリスロットにアクセスするための手順は、iMac (2015年モデル)やiMac(2017年モデル)とまったく同じ。背面にメモリスロットが隠されているので、このメモリスロットを開放し、メモリを挿すだけとなる。

Appleのサポートページ 「iMacにメモリを取り付ける」 でイラスト入りで解説されているのだが、実際にメモリを増設した時の写真を撮影してみたので、増設・交換する際の参考にしていただきたい。

手順一覧
手順①:iMacの電源を落として10分ほど待機
手順②:iMacから電源コードを抜く
手順③:ディスプレイを下にしてiMacを寝かせる
手順④:背面ボタンを押してメモリコンパートメントドアを開ける
手順⑤:メモリケージ両脇にある2本のレバーを外側に押してメモリケージを外す
手順⑥:レバーを手前に引いてメモリケージ開放&メモリスロットにアクセス可能に
手順⑦:用意したメモリを挿入(もしくは交換)
手順⑧:手順①〜⑦までを遡るようにiMacを元の状態に戻す

手順をひとつずつ解説していく。

まずはiMacの電源を落とし、内部の温度が下がるまで10分程度待つ。温度が下がったら電源コードなど接続されているケーブルをすべて外し、ディスプレイが下に来るようにiMacを寝かせよう。このとき、iMacのディスプレイが傷つかないようにiMacの下にタオルのような柔らかい布を敷くことをお忘れなく。

電源コードの下にメモリコンパートメントドアを開けるボタンが隠されている

次はいよいよiMacのメモリスロットにアクセスする作業に移る。まずはメモリコンパートメントドアを開く必要があるのだが、電源コードが挿さっていた部分に小さなボタンが用意されているので、このボタンを押すことでメモリコンパートメントドアがパカっと開くようになっている。

爪楊枝でなんとか押せた

このボタンが意外に固く、そして小さいため指で押し込むのは難しいため、”硬い棒状のもの” で押す必要がある。今回筆者は爪楊枝の後ろ側を使って押し込んでみたが、力加減によっては爪楊枝が折れてしまう可能性があるため、できれば折れる心配の少ないものを使うのがベスト。2017年モデルの時は小さい六角レンチで開けた記憶がある。

メモリコンパートメントドアを開く

2本のレバーは外側に押すと外れる

無事にメモリコンパートメントドアを開けることができたら、次はメモリを格納しているメモリケージを引っ張り出そう。両脇にある2本のレバーをそれぞれ外側に押すことでレバーが外れ、さらに下に降ろすことでメモリケージを引っ張り出すことが可能だ。この状態になって、ようやくメモリスロットにアクセスすることができる。

外れたレバーを下に降ろすとメモリスロットにアクセス可能に

あとは空いているメモリスロットに新しく購入したメモリを挿入したり、現在すでに入っているメモリを外して新しいメモリに交換したり、ご自由にどうぞ。メモリを挿入する際は、メモリ下にある”切り欠き”が左側に来るように。また、外れないようにする必要があるため、少し力を入れてしっかりと奥に押し込むようにしよう。

デュアルチャネルを有効にするため、対になるメモリは交互に挿入

メモリを挿入したら、これまでの手順を遡るようにiMacを元の状態に戻していく。メモリコンパートメントドアをつけ直せば作業は完了だ。これら一連の作業は文章にするとやや複雑に感じるかもしれないが、実際にやってみると意外と簡単。筆者のようにこの作業に慣れてくるとわずか3分~5分で完了できるようになる。

メモリが交換できたか確認しよう

メモリの交換ができたところで、次はいよいよiMacの起動だ。起動する場合はいつも通り起動ボタンを押すだけとなる (起動まで10秒から30秒程度かかることがあるので焦らないように)。無事起動できたら、STEP2までの手順でメモリが正しく増設・交換できたかどうかをチェックしよう。

チェックする方法は画面左上のリンゴマーク (Appleのロゴ) から、「このMacについて」 をクリック。すると、そのデバイスに搭載されているメモリの総容量が確認できるはずだ。さらに詳しい情報は、「このMacについて」 から 「システムレポート」 > 「ハードウェア」 > 「メモリ」 と進むと確認できるようになっている。以下は筆者のiMacの画面だが、合計4枚のメモリが認識できていることがお分かりいただけると思う。

以上がiMacのメモリを増設・交換する方法だ。実際の交換作業はさほど難しいものではないため、パソコンに詳しくない方でも簡単に交換が可能だ。

【関連記事】
iMac 27インチ5Kモデル(2019) レビュー | iMacは一体何ができるの?どんな人にオススメか徹底解説
【比較】新型iMac (2019) は前モデルから何が進化した?スペックを比較

「iMac(Retina 5K, 27-inch, 2019)」 用メモリ
▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「iMac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。